MARVEL

[マーベル・考察]『ブラック・ウィドウ』の一部のシーンは『インフィニティ・ウォー』と『エンドゲーム 』の間を描く?予告映像にヒントが

MCUフェーズ4の開幕を飾る作品として2020年5月に公開される『ブラック・ウィドウ』は、『シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ(2016)』と『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』の間を舞台にナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)の過去に迫る物語と言われています。

先日公開された予告映像の中では『アイアンマン(2008)』以前の物語も描かれる可能性も示唆されていますが、さらに先、『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』でサノスによって全生命が半分になった後の時系列についても描かれる可能性が出て来ました。

[マーベル・考察]『ブラック・ウィドウ』で『アイアンマン』以前の物語が語られる決定的な理由とはMCUフェーズ4作品『ブラック・ウィドウ』待望の予告映像が12月3日に世界同時公開されました。初となる予告映像の中では、ナターシャの妹分...



予告映像の中でナターシャが複数の偽造IDを手にしているシーンで、そこに置いてある書類の日付をよく見てみると「2021年」と書いてあることをMCU Directは指摘しています。

 

2021年は『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』から3年後、『エンドゲーム』は5年後の2023年を舞台にしているので2021年は作中では描かれていない部分です。

おそらく『シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ』直後の2016年か2017年あたりでナターシャはロシアに戻って妹分のイェレナやメリーナ、アレクセイ(レッド・ガーディアン)ら「家族」と再会、そして『インフィニティ・ウォー』から『エンドゲーム 』の間にナターシャはアベンジャーズの活動とは別で個人で活動していたことが描かれるのかもしれません。そこでサノスのスナップで消えていなかった「家族」とナターシャが接触する、ということは十分考えられます。

だから『エンドゲーム 』でのナターシャの髪は金髪から赤に戻ってたのか…!?

インフィニティ・ウォー』から『エンドゲーム 』の間の空白の5年間に何が起きていたのか。かねてより噂されているワカンダ王国とネイモアの件も然り、マーベル・スタジオは今後のMCUに大きく関わる伏線を張っているに違いありません。

『ブラック・ウィドウ』は2020年5月1日公開予定

[マーベル]『ブラック・ウィドウ』予告映像で初登場した白い衣装について解説ナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)を主役にした待望のソロ作品『ブラック・ウィドウ』の公式映像がついに公開されました。レッド・ガー...
CINEMATRONIXをFOLLOW!!
LATEST POST