考察・ネタバレあり MCUフェーズ4に登場する新キャラクターの伏線が『エンドゲーム』に隠されていた!?

世界中で大きな反響を起こしながら超絶賛公開中の『アベンジャーズ / エンドゲーム』。MCU11年の歴史の集大成というだけあって、この作品にはめちゃくちゃ多くの伏線が張り巡らされています。

そんな『アベンジャーズ / エンドゲーム』本編の中に、今後のMCUに新たに登場するかもしれないヒーローに関するヒントが含まれている、と今密かに話題になっています!しかも2人も!本記事ではその噂のヒーロー達とその根拠となる伏線を紹介していきます。

あわせて読みたい

『アベンジャーズ / エンドゲーム』が映画史に残る勢いで絶賛公開中のMARVEL STUDIOですが、6月に公開予定の『X-MEN : ダーク・フェニックス』、そして今年の夏に公開予定の『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』以降の作[…]

※この記事では『アベンジャーズ / エンドゲーム』に関する内容に触れています。まだ本編をご覧になっていない方は一度ご覧になってから本記事をお読みください。

ネイモア・ザ・サブマリナー

引用https://www.mycomicshop.com/search?TID=92431

アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』のラストでサノスのスナップで生命が半分になってから5年が過ぎ、アベンジャーズ基地に残ったナターシャは世界や宇宙各地に散らばって偵察任務を行なっている他のアベンジャーズメンバーと通信していました。ロケット、ネビュラ、オコエ、キャロル(キャプテン・マーベル)、そしてローディの5人は、それぞれホログラム映像でナターシャに活動の報告をします。

この時オコエが何と言ったか覚えていますか?オコエは「アフリカ沖の海中で地震が発生した」といった内容の報告をしています。さらにその処置に対しては「何もしない」とまで言いました。

MARVELコミックファンならピンとくる方もいると思いますが、ネイモアというキャラクターは海底王国アトランティスの王子で、原作ではオコエの国ワカンダとはライバル関係にあるという設定まであります。

引用http://collider.com/avengers-endgame-namor-mcu/

この地震の原因がネイモアにあると仮定するなら、この時オコエはネイモアを「そっとしておくべき」あるいは「関わりたくない」という判断をしたように思えます。

もちろんこれはただ単に、オコエが大西洋で起きた自然災害について報告しただけかもしれません。ですが今後のMCUフェーズ4に『ブラックパンサー2』が予定されていることから、この地震はネイモア登場の伏線である可能性もあり得ると思います。

さらにハワイのニュースメディアが、2年前にハワイで2本の映画が撮影されていたことを報じています。それによるとハワイで撮影されていたのはDCコミックスの『アクアマン(2019)』と『ネイモア・サブマリナー』だったとの発言も!

これが本当だとしたら、今年リリースされた『アクアマン』に続いて来年あたりに『ネイモア』がリリースされるかもしれません!?

キャプテン・ブリテン

トニーとスティーブがテッセラクトとピム粒子を手に入れるために1970年にタイムスリップしました。そこでスティーブはかつて愛した女性ペギーの部屋に身を隠すと、窓ガラスの向こうの部屋に本物のペギーが入ってきます。

この時ペギーが発している言葉に伏線が隠されています。多くの人はこの時窓ガラス越しにペギーを見つめるスティーブに注目してしまい聞き逃してしまうと思いますが、ペギーは「Braddock(ブラドック)」という言葉を口にしています。

MARVEL COMICSにはキャプテン・ブリテン、本名ブライアン・ブラドックというヒーローがいます。日本人にはあまりなじみのないこのヒーローは、イングランドのエセックス州マルドンで生まれ育ち、エジンバラのフェテス・カレッジで学んだという設定です。

かつて貴族階級の生まれだった勉強熱心なブライアンは、ひたすら物理の勉強にのめり込む孤独な子どもでした。両親を事故で失ったブライアンはダークムーア原子力研究所にて研究員として働くようになります。しかしある時、研究所が襲撃され、ブライアンは助けを求めるため自らのバイクで施設を脱出。ところがバイクがクラッシュしたことで、ブライアンは瀕死に陥ってしまいました。

そんな彼の前に、オムニバース(存在する全宇宙)の魔術師マーリンと、その娘ローマが現れます。2人はブライアンに、イギリスの次の覇者になるため、「アミュレット・オブ・ライト(正義の神符)」か「ソード・オブ・マイト(力の剣)」のどちらかを選ばせました。悩んだ末に、「アミュレット・オブ・ライト」を選んだブライアンは、キャプテン・ブリテンへと変身するのでした。

こちらも、ペギーの言った「ブラドック」という名前に特に意味はないのかもしれません。ですが2年前、MARVEL STUDIO代表のケヴィン・ファイギ氏が『スパイダーマン : ホームカミング』のプロモーションのためにイギリスを訪れた際、イギリスのメディアHeyUGuysでのインタビューの中でキャプテン・ブリテンがMCUに参加する可能性を示唆していました。(7分42秒〜)

「キャプテン・ブリテンについては話し合いをしています。彼を演じる俳優の候補はたくさんいて、しかも役柄についても話し合ってます。もうすぐわかると思いますよ。」

代表のケヴィン・ファイギがここまで言っちゃってるんでキャプテン・ブリテンのMCU入りはそう遠くないかと思われます。

そういえば次に公開される『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』の舞台はロンドン…まさかね。

あわせて読みたい

本日『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』の最新トレーラーが公開、かなり、いや、めちゃくちゃ濃い内容のトレーラーとなっています。今作は『アベンジャーズ / エンドゲーム』の後を描く作品となっており、予告編映像にも『エンドゲーム』[…]

『アベンジャーズ / エンドゲーム』は全国で公開中。『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』は2019年6月28日公開(アメリカは2019年7月2日公開)

source : Comicbook.com , Les Toiles Heroiques , Fan Actu

CINEMATRONIXの最新記事をチェック!