[考察]ソニーとMARVEL問題 ー このままMCUからスパイダーマンがいなくなったら今後どういう影響があるのか

先日のソニー・ピクチャーズとディズニー(MARVEL STUDIOS)が新たな契約更新を巡って対立したことについて、ソニー・ピクチャーズ側は今後の『スパイダーマン』関連作品にMARVEL STUDIOS代表のケヴィン・ファイギ氏をプロデューサーとして関わらせないという声明を発表しました。

あわせて読みたい

8月20日はMARVELファンにとっては怒涛の1日になりました。ディズニー(MARVEL STUDIOS)とソニー・ピクチャーズが『スパイダーマン』映画の契約条件について対立し、スパイダーマンがMCUを離脱する可能性があるというニュースが発[…]

”ケヴィン・ファイギが関わらない=スパイダーマンが今後MCU作品に登場しない”ということになるのかははっきりとわかっていませんが、Facebookで「Storm Sony And Bring Spider-Man Home To The MCU」というイベントページが立ち上がるなど、世界中のファンがソニー・ピクチャーズに対して「スパイダーマンをMCUに戻す」よう働きかける運動を起こしています。

あわせて読みたい

今週ソニー・ピクチャーズとディズニー(MARVEL STUDIOS)が新たな契約内容を巡って対立、スパイダーマンが今後MCU作品に関わらないかもしれないことが報じられました。それに対して一部のファンがスパイダーマンをMCUに引き留めるための[…]

実際このまま本当にスパイダーマンがMCUに戻ってこなかったとしたら、MCUにはどのような影響があるのでしょうか。

1、さようならアベンジャーズ

©︎2019 SONY PICTURES

『アベンジャーズ / エンドゲーム』以降、MCUは明らかに次の新しいステップへと移っていました。これまでMCUを引っ張ってきたトニー・スターク(アイアンマン)、スティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)という2大ヒーローが引退、その後を描いた『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』でニック・フューリーの新たな計画が動き出していることが明らかになりました。そんな中でトニー達と並ぶ人気を誇り、かつストーリーの面でも重要な「スパイダーマン」という存在が使えなくなるのです。

MCU側としても「スパイダーマンは存在していない」ように描かなければいけませんし、ソニー側としてもスパイダーマンの続編をMCUからの流れで作るとしたなら、スパイダーマンがアベンジャーズのメンバーであるという設定も無くなってしまいます。

2、さようならアイアン・スパイダー

©︎2018 MARVEL STUDIOS

アベンジャーズメンバーでないということは、トニーとの師弟関係もなかったことになるでしょう。『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』『アベンジャーズ / エンドゲーム』『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』と3作品に渡って使用してきたスーツ「アイアンスパイダー」はトニーから譲り受けた物です。それどころか通常のスーツ(『スパイダーマン : ホームカミング』で使用した)もトニー作です。

アイアンマンの存在がなかったことになるならこれらのスーツは登場せず、自作のスーツで戦うことになるかもしれません。そして『ファー・フロム・ホーム』で命がけで取り返したトニーの遺作”E.D.I.T.H”も出て来ないでしょう。

3、さようならクロスオーバー

©︎2018 SONY PICTURES

ヴェノムなど、かねてより噂されていたスパイダーマン関係のキャラクターとのクロスオーバーも無くなります。個人的には好きな「ノーマン・オズボーンラスボス説」も叶わないことに…

あわせて読みたい

MCUフェーズ3を締めくくる作品『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』の公開まで残り約2週間となりましたが、その内容についてはまだまだ多くの謎が残されています。スパイダーマンを演じるトム・ホランド本人が監督に思わず「頭大丈夫?」と聞[…]

4、さようならスクラル人

©︎2019 MARVEL STUDIOS

『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』のラストで、これまでピーターと行動していたニック・フューリーが実はスクラル人のタロスが化けていた偽物で、本物のニックは宇宙船で他のスクラル人達と行動を共にしていたことが明らかにされました。

このことについては後のMCU作品で説明されるとは思いますが、少なくとも次作のスパイダーマン作品で説明されることはありません。ニックはもちろん、スクラル人も登場することはないでしょう。

5、さようならハッピー

©︎2019 SONY PICTURES

『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』で急接近したメイおばさんとハッピーの関係。ハッピーはトニーの部下、言わばMCU側のキャラクターです。ファンの人は次回作以降の2人の関係がより発展することを期待していましたが、この恋も終わりを迎えることになります。

6、さようならJ・J・ジェイムソン

©︎2002 SONY PICTURES

『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』のラストでサプライズ出演したデイリー・ビューグル編集長J・J・ジェイムソン。初代スパイダーマンでジェイムソンを演じたJ・K・シモンズが演じた続投したことでファンは大いに喜び、そしてJ・K・シモンズが他のMCUキャラクターに毒を吐く様子を見たがっていました。ですがそれも叶いません。

現状ではスパイダーマンがMCUを離れる可能性は濃厚です。ですがソニー・ピクチャーズ側も「今回の決定が将来的に変更されることを願っている」とコメントしていることから、できることなら変わらずMCUにスパイダーマンを登場させたいという気持ちはあるようです。ケヴィン・ファイギ氏以外のMARVEL STUDIOS側の人物がプロデューサーを担うのであればOKということもあるかもしれません。

少なくとも現在明らかにされているMCUフェーズ4に『スパイダーマン』の続編は含まれていません。フェーズ5に『スパイダーマン』の続編が含まれるとしても2年以上先の話なので、その間に両社が和解することを願うばかりです。

あわせて読みたい

ソニー・ピクチャーズとディズニー(MARVEL STUDIOS)によるスパイダーマンを巡る対立から1週間、当のスパイダーマン役のトム・ホランドは、この結果がどうであれスパイダーマンを演じ続けることを表明しました。[sitecard su[…]

CINEMATRONIXの最新記事をチェック!