Disney +

『マンダロリアン』撮影に使われたベビー・ヨーダの人形はめちゃくちゃ高かった ー 製作総指揮ジョン・ファヴロー、遠回しに脅す

『スター・ウォーズ』シリーズ初のテレビドラマシリーズとして「Disney Deluxe(ディズニーデラックス)」で独占配信中の『マンダロリアン』。その最終話も先日配信され、その完成度の高さが多くのファンから好評を得ている本作ですが、作中を通して登場する重要キャラクター「ベビー・ヨーダ」の人気ぶりも話題になっています。

その愛くるしい姿から早くも『スター・ウォーズ』サーガの新たなマスコットキャラクターとなりつつあるベビー・ヨーダですが、実は撮影中に面白いエピソードがあったようです。『マンダロリアン』最終話でトルーパー役を演じたアダム・パリーは、TVLineにてそのエピソードを語っています。



それはアダム・パリー演じるトルーパーがベビー・ヨーダを奪ってバッグの中にしまうシーンのこと。そこでパリーはバッグの中のベビー・ヨーダを叩くのですが、その時製作総指揮のジョン・ファヴローから驚きの一言があったと言います。

「(ベビー・ヨーダを)パンチする最初のテイクで、カットがかかった時にモニター室から見ていたジョンが僕のところに来てこう言いました。“知っておいて欲しいんだけど、こいつはメイン用の人形で、お金がかかってるんだ。500万ドル(約5億5000万円)ぐらいかな。叩いて欲しいんだけど、一応それだけ知っておいてくれ”って。」

あの可愛い見た目に反して、製作にかけられた費用は全然可愛くないベビー・ヨーダ。ジョン・ファヴローの遠回しの脅しとも取れる言葉を聞いたパリーは

「いや〜3回ぐらいミスしてしまいましたね。メチャクチャ緊張してしまいましたから。」

スター・ウォーズ』シリーズ実写ドラマ『マンダロリアン』は「ディズニーデラックス」で独占配信中

ディズニーCEOボブ・アイガー、スター・ウォーズを振り返りつつ未来を語る ー 「スター・ウォーズは始まったばかり」映画史に残る『スター・ウォーズ』シリーズが2019年12月20日の『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』の公開をもってひとま...

source : TVLine

 

CINEMATRONIXをFOLLOW!!
LATEST POST