MARVEL

ソニー、スパイダーマンをMCUから離脱させる「素晴らしい計画」があった ー 「スパイダーマンにふさわしい映画を作る自信があった」

去年2019年の8月、ディズニー(マーベル・スタジオ)とソニー・ピクチャーズがスパイダーマンの権利契約を巡って対立、スパイダーマンが『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』を最後にMCUを離脱する可能性が報じられました。署名活動が行われるなど多くのファンが反対の声をあげる中、スパイダーマンを演じるトム・ホランド本人がディズニーとソニーの間に入って再契約を実現し、無事にスパイダーマンはMCUに戻ってくる運びとなりました。

スパイダーマン役トム・ホランドがスパイダーマンの未来を救った ー ソニーとディズニーの再契約は「100%あり得なかった」ソニー・ピクチャーズとディズニー間によるスパイダーマンを巡った対立がついに解消されたことが先週末発表され、世界中のファンが大きな喜びの声...

先日のMTV Internationalの取材で「スパイダーマンがMCUに復帰することになって嬉しいですか?」と質問されたトムは「もちろん、とても嬉しいですよ」とコメント、ですがもしマーベルとソニーの再契約が実現しなかったとしても、スパイダーマンのその後については問題がなかったことを明らかにしました。

「スパイダーマンの未来は明るかったんですよ。(ソニーには)どうやったらスパイダーマンをMCUから外せるか、ってことについてはとても素晴らしいアイデアがありました。(ソニー・ピクチャーズ代表の)トム・ロスマンと(制作の)エイミー・パスカルには自分達が正しいことをやれる、スパイダーマンにふさわしい映画を作ることができる、っていう自信があったんです。」



トム自身、スパイダーマンのMCU離脱の可能性が報じられた直後「より大きく、より素晴らしい作品になる」「「スパイダーマンの未来はこれまでと異なるかもしれませんが、それでもこれまで同様素晴らしく驚くべき物語になるでしょうし、さらにクールにするための新しい方法を見つけると思います。」と語っていました。この時トムは今後のスパイダーマンについてソニーから「素晴らしいアイデア」を聞いていたのかもしれません。

もちろんトムはスパイダーマンがMCUに復帰したことを喜んでいます。

「僕は今のスパイダーマンはMCUに所属していると思っていました。(ディズニー前CEOの)ボブ・アイガーとトム・ロスマンには本当に感謝しています。スパイダーマンが家(MCU)に帰るプロセスに僕を加えてくれたんですから。僕にとっても”僕がスパイダーマンを救ったんだ”っていう一番自慢できる素晴らしい経験ができました。」

ソニー製作の『スパイダーマン』シリーズとしては、ジャレッド・レト主演の『モービウス』、そして『ヴェノム(2018)』の続編『ヴェノム2(仮題)』が現在製作中です。中でも『モービウス』の予告映像ではMCU作品『スパイダーマン : ホームカミング』に出演していたエイドリアン・トゥームス(マイケル・キートン)が登場することも判明しており、MCUとのクロスオーバーの可能性に注目が集まっています。ソニーが検討していたという「素晴らしいアイデア」は明らかになるのでしょうか。

『モービウス』は2020年7月31日に公開予定
『ヴェノム2(仮題)』は2020年10月2日に公開予定
『スパイダーマン3(仮題)』は2021年7月16日に公開予定

スパイダーマン役トム・ホランド『スパイダーマン3』について「全てを知っている」 ー シニスター・シックス登場説は否定せず2021年に公開予定のMCU『スパイダーマン』シリーズの第3作目となる『スパイダーマン3(仮題)』。前作の『スパイダーマン : ファー・...

source : MTV International

CINEMATRONIXをFOLLOW!!
LATEST POST