[マーベル]続編『アントマン3』2022年に公開予定 ー ペイトン・リード監督が続投

『エターナルズ』や『シャン・チー』など新たなキャラクターのフランチャイズに加え、『ドクター・ストレンジ』や『ブラックパンサー』といった人気作品の続編などすでに多くの作品が公開予定のMCU。ファンにとっては楽しみすぎるそのラインナップに、新たに人気作品『アントマン』の続編が加わることが明らかになりました。The Hollywood Reporterが報じています。

これまで『アントマン(2015)』『アントマン&ワスプ(2018)』とシリーズ2作品で監督を務めてきたペイトン・リード監督が、3作目となる『アントマン3(仮題)』を製作することに正式に署名、2020年末か2021年初頭に撮影を開始して2022年には公開すると見られています。

キャストについてはまだ何も明らかにされていませんが、スコット・ラング役ポール・ラッドは確実に戻ってくるでしょう。

ペイトン・リード監督は以前「『アントマン&ワスプ』では、量子世界に関して前作よりも明らかに多くの時間を使っていますが、まだほんのつま先を浸している程度にすぎません。」と語っており、ハンク・ピム役のマイケル・ダグラスも「量子世界がマーベル映画の次のシリーズ全てで重要な役割を担うと思います」と爆弾発言をしています。

あわせて読みたい

『アントマン(2015)』でその存在が明らかになり、『アントマン&ワスプ』そして『アベンジャーズ / エンドゲーム』で物語の鍵となった量子世界について『アントマン』シリーズで監督を務めたペイトン・リード監督が「何らかの文明が発達している」こ[…]

量子世界は『アベンジャーズ / エンドゲーム』でも物語のメインとも言える大きな鍵を握っていました。『アントマン3』ではそこをより深く追求するのではないかと思われます。

2022年には5月公開の『ブラックパンサー』の続編に加えて2月と7月にも何かしらの作品が公開されると言われており、『アントマン3』はそのどちらかに入っているのかも!?

source : The Hollywood Reporter

あわせて読みたい

8月に行われた「D23 EXPO」でMCU作品『ブラックパンサー』の続編がMCUフェーズ5で公開されることが正式に発表されました。『ブラックパンサー』は世界興行収入13億ドルを記録したほか、スーパーヒーロー映画としては初のアカデミー賞最[…]

CINEMATRONIXの最新記事をチェック!