MARVEL

『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』ネッドは元々エンドクレジットシーンで登場する予定だった

スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』のエンドクレジットシーンで、恋人になったMJとピーターは、ニューヨークの街中の大画面でミステリオがピーターの正体を世界中にバラしてしまう映像を目撃します。



スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』のBlu-rayリリースに際してのインタビューで、ピーターの親友ネッドを演じるジェイコブ・バタロンは、本来このエンドクレジットシーンにネッドも登場していたことを明らかにしました。Screen Rantが報じています。

「ピーターの正体がバラされた時のリアクションを撮影しました。喘ぎ声や泣き声だったり、とにかく叫んだことを覚えています。」

スパイダーマン : ホームカミング』で初登場した親友のネッドは、ピーターの秘密を誰よりも早く知ってしまい、それからは度々ピーターのピンチををサポートしてきました。なぜこのシーンが本編から削除されてしまったのかは語られていませんが、ピーターに最も近い人物であるネッドがこの報道にどれほどのショックを受けていたのかがわかると思います。



スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』にはピーターの正体がバレたこと、そしてニック・フューリーが実は宇宙で別の任務にあたっていたという2つのエンドクレジットシーンが含まれていましたが、このどちらとも今後のMCUの展開を大きく左右するものになると思われます。

[考察・ネタバレ・解説]『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』ポストクレジットシーンから考えられること ※本記事では『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』本編の内容について触れています。まだ本編をご覧になっていない方は一度本編を...

ちなみに原作でネッドは洗脳されて一時的にホブゴブリンになったことがあります。現在ソニー・ピクチャーズは製作中の『ヴェノム2』や『マダム・ウェブ』の他、『ホブゴブリン』を計画していると噂されていますが…まさかね。

ソニーが『ヴェノム』『モービウス』に続く新たな『スパイダーマン』関連作品『マダム・ウェブ』を製作予定ディズニー(MARVEL STUDIOS)と対立して「スパイダーマン」をMCUから撤退させたソニー・ピクチャーズは、ソニー独自の『スパイ...

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』は2019年11月6日にデジタル配信スタート、Blu-ray&DVDは2019年12月4日発売

『スパイダーマン3(仮題)』は2021年7月16日公開予定

[ネタバレ・考察・解説]『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』で明らかになったことと続編に繋がる8つの疑問 『アベンジャーズ / エンドゲーム』というMCUの歴史の中で最大の作品の直後に公開された『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』...

source : Screen Rant

 

CINEMATRONIXをFOLLOW!!
LATEST POST