• MARVEL
  • MARVEL STUDIOの映画やドラマについての最新情報

『アベンジャーズ / エンドゲーム』監督がロキ、ガモーラのその後について語る

マイティ・ソー』から登場したソーの義弟ロキ。『アベンジャーズ』ではマインド・ストーンの力でアベンジャーズを苦しめるも、『マイティ・ソー / バトルロイヤル』ではソーと協力してアスガルドの民を守るなど、MCUでも欠かせないキャラクターの1人です。

そして『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』から登場したガモーラは冷酷な暗殺者でしたが、戦いの中でガーディアンズのメンバーを仲間として認めていき立派な銀河の守護者になりました。

ですが2人とも『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』ではサノスによって命を落としてしまいました。この2人の今後について『アベンジャーズ / エンドゲーム』監督のルッソ兄弟が言及しています。

※ここからは『アベンジャーズ / エンドゲーム』本編の内容に触れています。まだ本編をご覧になっていない方は一度本編をご覧になってからお読みください。

ロキのその後

『アベンジャーズ / エンドゲーム』では過去2012年のニューヨークで登場したロキ。トニー達が過去にタイムスリップしてスペース・ストーンの入ったテッセラクトを入手しようとしましたが、それは失敗しロキはテッセラクトを持ってどこかへ消えてしまいました。

タイムスリップ前にブルースが説明していたように、このタイムスリップは「過去に行けば、その過去がその人の未来になり、元々いた現在は過去になる。未来が過去に影響を与えることはできない」、つまりロキによってテッセラクトがどこかへ行った時系列が生まれてしまったわけです。

Business Insiderのインタビューの中で監督のジョー・ルッソはこう語っています。

「スティーブはインフィニティ・ストーンを過去に持ち帰って時系列を修正しようとしていました。ですがロキがスペース・ストーンと共にテレポートした時、ロキは自分自身の時系列を新たに作り出してしまいました。そして事態はより複雑なことになってしまい、スティーブがロキを見つけなければ時系列を修正することは不可能ですロキがスペース・ストーンを持ち去るような事態が起きる度に、彼は新たな時系列を作り出していきます。」

またアンソニー・ルッソも

「マルチバースや分岐現実といったアイデアを扱いましたから、ここにはたくさんの現実が存在するんです。」と述べています。

マルチバースと言えば『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』に登場するミステリオが「他の世界から来た」ことが明らかになっています。この2012年にテッセラクトを持って逃げたロキが「他の世界から来た」と言って今後のMCUに登場する可能性もあるかも?

また、「Disney +」で配信予定のロキのスピンオフドラマはこのテッセラクトを持って逃げたロキの話になるのかもしれませんね。

ガモーラのその後

過去から未来にやってきたガモーラが、結局どうなったのかについては描かれていませんでした。ジョー・ルッソ監督はこのことについて

「彼女が消えてしまったのか、生き残っているのかは我々にもわかりません。それはおそらく『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』で明らかになることでしょう」とコメントしています。つまりガモーラがどうなっているのかは監督に復帰したジェームズ・ガン次第、だということですね。

まあガモーラは一応ガーディアンズのヒロインですし、過去の時系列のガモーラとはいえ一度クイルと接触しているのでほぼ確実に生きて『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』に登場すると僕は思ってます。

『アベンジャーズ / エンドゲーム』は全国で公開中。『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』は2019年6月28日に世界最速公開。

source : Business Insider

 

関連記事 / RELATED POST

あわせて読みたい