[ネタバレあり]『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』ルーク役マーク・ハミル、本編で演じた秘密のキャラクターとは

※本記事は『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』本編の内容について触れています。まだ本編をご覧になっていない方はご注意ください。
『スター・ウォーズ』スカイウォーカー・サーガの完結作として公開された『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』の中で、ルーク・スカイウォーカー役のマーク・ハミルが、実はルーク以外にもあるキャラクターの声を演じていることが明らかになりました。
そのキャラクターとは本編の冒頭、ミレニアム・ファルコンに乗り込むフィンに「この戦争に勝ってくれ!」との想いとともにデータを渡していたエイリアン「ブーリオ」。ファースト・オーダーの情報を伝えるスパイとして活動していましたが、残念ながら惑星に到着したカイロ・レンによって首を切断されて殺されてしまいました。
ちなみにマーク・ハミルは前作『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ(2017)』でもルーク以外の役を演じています。それはフィン達が砂漠の惑星カントニカにあるカジノ、カント・バイトに潜入した際、BB-8に酔っ払ってコインを入れようとするエイリアン。名前はドップ・スケイというようで、マーク・ハミルは声とモーション・キャプチャーの両方を担当していました。
『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』は全国で公開中
あわせて読みたい

40年以上にわたり紡がれてきた壮大なスター・ウォーズの物語がいよいよ明日『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』の公開をもって完結となります。ですがルーカス・フィルムの代表キャスリーン・ケネディ氏は、2019年12月16日にロサン[…]

source : Comicbook.com
CINEMATRONIXの最新記事をチェック!