• MARVEL
  • MARVEL STUDIOの映画やドラマについての最新情報

MARVEL『アベンジャーズ / エンドゲーム』MCU史上初の3時間越えか「完璧な状態で公開する」

4月に公開される『アベンジャーズ / エンドゲーム』ですが、アメリカのチケット販売サイトFandangoがTwitterで「3 hours, 2 minutes」とツイートしました!MCUに一旦大きな区切りをつける今作、やっぱり相当なボリュームのようですね!

ただ現在のところ、MARVEL STUDIOが公式に発表したわけじゃないので確定ではないですが、何かしらの情報があってFandangoもこういうツイートをしたはず!

完璧な状態で公開したい

先日、アメリカのColliderのインタビューの中で、「実際に3時間の映画になりそうですか?それとももう少し短くするんでしょうか?」という質問に対して、MARVEL STUDIO代表のケヴィン・ファイギ氏はこう答えていました。

ファイギ氏「我々は適切な上映時間で公開するつもりですよ。そしてこれだけは言っておきます。完璧なものに仕上がる、と。映画に必要と言える、ちょうどいい上映時間にするつもりです。」

記者「では3時間近い映画になるということでしょうか?」

ファイギ氏「映画の中にはたくさんのストーリーがあって、たくさんのキャラクターがいます。真面目な話、我々は上映時間を管理するとか、映画をそういう風には見ていません。全ての映画は1時間45分ぐらいの体感時間であるべきです。現在、90分の映画でもそれが4時間のように感じられるような映画もあります。そして逆に3時間30分の映画でも90分のように感じられるような映画もあります。つまり…”どう感じられるか?”ということです。そして『アベンジャーズ / エンドゲーム』には色々なバージョンがありますが、今ブラッシュアップしているバージョンはすごくいい感じです。」

記者「ではやはり3時間になるという可能性があるということでしょうか?」

ファイギ氏「うーん、それじゃあ…あなたは4時間にしてほしいですか?5時間だったら?映画の公開前に、上映時間についての関心が強すぎると思います。『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』はどうでしたか?」

記者「2時間半ぐらいだったと思います。」

ファイギ氏「たくさんのストーリーがあるので、我々はその多くを伝えるつもりですよ。そして我々がいま取り組んでいるものを見たとき、すごくいいと感じてくれることを願っています。」

ファイギ氏は映画を観る側の体感時間が大事という、制作における独自の考え方があるようですね!これまでのMCU作品もそういう体感時間を考慮して作られてきたんだと思います。それにしても記者しつこいな!笑

ちなみに現在のところMCU作品で最長の作品は『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』の149分。もし『アベンジャーズ / エンドゲーム』が本当に3時間越えなら『インフィニティ・ウォー』より30分も長いことになります。でもきっと、あっという間の3時間なんだろうな〜。

『アベンジャーズ / エンドゲーム』は2019年4月26日公開!

source : Collider

 

関連記事 / RELATED POST

あわせて読みたい