[ネタバレあり]『ジョーカー』「あのシーン」は脚本にはないホアキン・フェニックスのアドリブだった

「犯罪王子」ジョーカーの誕生を描いたDCコミックス原作映画『ジョーカー』は、公開から2週間経った現在、6億ドルの世界興行収入を記録して大ヒット作となりました。その内容については様々な意見が飛び交っていますが、主演のホアキン・フェニックスの圧巻の演技力については多くの人が賞賛を送っています。

そんな『ジョーカー』を代表するあのシーンが、実はホアキン・フェニックスによるアドリブであったことをトッド・フィリップス監督が明らかにしています。

※本記事は『ジョーカー』本編の内容について触れています。まだご覧になっていない方はご注意ください。

ジョーカーのダンスシーンは元々脚本にはなかった

アーサーが「犯罪王子」ジョーカーになる最初のきっかけとなったのは、あの地下鉄での出来事です。仕事をクビになった帰り道、地下鉄の中でブルース・インダストリーズの社員3人に絡まれたアーサーはその3人を撃ち殺してしまいました。

その後逃げるように自宅に戻ったアーサーは、「自分は何をした?」と自問するも、その後全てを悟ったように踊り出すのでした。

トッド監督がScreen Playedに語ったところによると、代表的なシーンでもあるアーサーのダンスシーンは本来の脚本にはなかったそうです。部屋に戻ったアーサーが鏡の前で自分の行いを振り返るシーンとして撮影されていましたが、ここでホアキン・フェニックスは即興で踊り始めたと言います。

映画の中でもかなり印象的なシーンを、台本にはないアドリブで作り上げるホアキン・フェニックスの演技力はまさに本物だと言わざるを得ません。

ホアキン・フェニックスは「できることなら演じ続けたい」と『ジョーカー』続編に対しては前向きな姿勢を示していますが、トッド監督は「これで完結するつもりで作った」と語ります。ワーナー・ブラザーズは『ジョーカー』の大ヒットを受けて続編の製作を視野に入れていると思われますが、はたして…

あわせて読みたい

アメコミ界屈指のヴィラン・ジョーカーの誕生をホアキン・フェニックス主演で描いた衝撃の問題作『ジョーカー』は、公開から3週間経った現在全世界で8億ドル近い興行収入を記録しており、間違いなくコミック映画史の歴史に残る1本となっています。[…]

あわせて読みたい

DCコミックスのみならずアメコミの中でも屈指の知名度を誇るヴィラン、「ジョーカー」の誕生を描いた映画『ジョーカー』。脚本と監督を務めたトッド・フィリップスによる独自の解釈で描かれた本作は、そのストーリーもさることながら、主演を務めたホアキン[…]

あわせて読みたい

ヴェネチア国際映画祭で圧倒的な評価を得て、アカデミー賞最有力と言われているDCコミックス映画『ジョーカー』ですが、監督のトッド・フィリップスはロサンゼルスでの試写会のあとインタビューの中で「続編の予定は無い」とハッキリと答えました。[a[…]

あわせて読みたい

DCコミックスで人気のヴィラン「ジョーカー」の誕生を描いた『ジョーカー』。主演のホアキン・フェニックスの見事なまでの演技力もさることながら、トッド・フィリップス監督の独自の解釈で捉えた本作は、これまでにないジョーカーの世界観と物語を描いてい[…]

あわせて読みたい

トッド・フィリップス監督によって狂気の犯罪王子・ジョーカーの誕生を描いた『ジョーカー』。公開から2週間が経った現在、本作は6億ドルを突破して今週末で7億ドルを超えるのではないかと予想されています。また、アメリカの経済誌フォーブスによると[…]

あわせて読みたい

DCコミックスのみならずアメコミを代表するヴィラン「ジョーカー」は、これまでに様々な俳優が演じてきました。その「誕生」という部分に焦点を当て、独自の解釈によって映画化したのはトッド・フィリップス監督による『ジョーカー』が初めてですが、主演の[…]

 

CINEMATRONIXの最新記事をチェック!