ソー役クリス・ヘムズワース、撮影の度にハンマーを家に持ち帰り続けていた ー 嫁「迷惑」

MCUの主役キャラクターの1人ソーと言えば、ムジョルニアと呼ばれるハンマーがトレードマークです。オーストラリアのラジオ番組Fitzy & Wippaに出演したソー役クリス・ヘムズワースの奥さんエルサ・パタキーは、夫のクリスが撮影の度に小道具を家に持ち帰る癖があることを明らかにしました。

クリスは撮影終了ごとに記念に5つのムジョルニアを持って帰ってきているらしく、しかも「家の中で一番いいところを選んでるんです」とその置き場所に相当こだわっている様子。

エルサは「(クリスが)撮影に小道具を使用しないようにしないと」と冗談を言いつつ、ムジョルニアが家の中の雰囲気に合わないことを割と迷惑に思っているため、これ以上武器を持ち帰らないようにする必要があると語りました。

クリス・ヘムズワースはこれまで3本の『マイティ・ソー』シリーズ作品と4本の『アベンジャーズ』シリーズ作品に出演していることから、家には相当な量のムジョルニアコレクションがあることが想像できます。

去年「Jimmy Kimmel Live」に出演したクリスは、そのうちの一つは自宅のトイレにあることを明らかにしていました。「多くの人がトイレに入ったら、なかなか出てこないんだ。多分ハンマーを見てるんだと思うよ。」

3度目の出演となった『マイティ・ソー / ダーク・ワールド』でソーを演じることに少し飽きていたというクリスでしたが、その後の『マイティ・ソー / バトルロイヤル』でコメディライクなソーが描かれたことによって、ソーを演じることが大好きになったといいます。次回作『マイティ・ソー / ラブ・アンド・サンダー』ではソーに代わって元恋人のジェーンがムジョルニアを手にして雷神の力を手に入れることが明らかになっていますが、はたしてクリスはムジョルニアを家に持って帰ることができるのでしょうか?もしかするとクリスが小道具を持って帰る最後の撮影になるかもしれません。

『マイティ・ソー / ラブ・アンド・サンダー(原題 Thor : Love and Thunder)』は2021年11月5日公開予定

あわせて読みたい

アイアンマンやキャプテン・アメリカと共にMCUを引っ張ってきたメインキャラクターのソー。そのソーを演じるクリス・ヘムズワースはMARVELだけでなく、『スター・トレック(2009)』や『メン・イン・ブラック : インターナショナル(2019[…]

source : Men’s Health

CINEMATRONIXの最新記事をチェック!