• MARVEL
  • MARVEL STUDIOの映画やドラマについての最新情報

『アベンジャーズ / エンドゲーム』で老人になったキャプテン・アメリカは実はすでに『シビル・ウォー』に登場していた!?

『アベンジャーズ / エンドゲーム』のラストでキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースは、インフィニティ・ストーンをそれぞれのあるべき場所に戻すために1人タイムスリップして、恋人だったペギー・カーターと幸せに過ごす道を選びました。

ですがこのタイムライン理論をよく考えてみると、同じ時代にスティーブが2人同時に存在している可能性があります。

SDCC 2019が開催された際、『アベンジャーズ / エンドゲーム』の脚本家クリストファー・マルクスとステファン・マクフィーリーはLos Angels Timesのインタビューのなかで『シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ』ですでに登場していることを示唆しました。

「(監督の)アンソニーとジョー、それがどういった意味を持つのか2人の意見が一致していないのですが(笑)、僕はスティーブが2人いるという考えは大好きです。」

その2人のスティーブが登場していると示唆される問題のシーンがこちら。

©︎2016 MARVEL STUDIOS

最愛の女性ペギーの葬儀のシーンで、ペギーの棺を運ぶスティーブの後ろに、ペギーと一緒に暮らしてきた老人スティーブも棺を運んでいるというもの。

©︎2016 MARVEL STUDIOS

後ろ姿なので何とも言えませんが、似ているっちゃ似ている!?

©︎2019 MARVEL STUDIOS

「ペギーと一緒に長く生きたスティーブが、若い自分自身を後ろから見ながら一緒にペギーの棺を持ち上げる。ただタイムトラベルをしただけでなく、そこには2人のスティーブ・ロジャースの間に(ペギーを失った)苦痛と(若い自分を見つめる)満足感という奇妙な関係があります。僕はそれが大好きです。」

これが事実なのかどうかについては「MARVELが今後どのようなストーリーを考えているのか次第ですね。」と語りました。

「MARVEL STUDIOSがマルチバースを受け入れたいのかどうか。もしそうならある種のストーリーが語られると思います。キャプテン・アメリカはジョン・F・ケネディを救うことができますよね?まあそれが観たい物語なのかはわかりませんが。」

マルチバースの概念はあらゆる展開の可能性を無限に含む一方で、それを理解するためのハードルが高くなってしまうリスクがあります。ファンのことを第一に考えるMARVEL STUDIOSはこの『エンドゲーム』が残した大きな問題をどう扱うのでしょうか。

いずれにせよスティーブ・ロジャースのキャプテン・アメリカとしての旅は『アベンジャーズ / エンドゲーム』で終わったことは間違いないと思います。新しくキャプテン・アメリカを継いだサム、そしてバッキーの物語『ファルコン&ウィンター・ソルジャー』は2020年秋に「Disney +」で配信予定

 

関連記事 / RELATED POST

あわせて読みたい