『キングスマン』『ロケットマン』のタロン・エガートン「MCUに参加したい」 ー 次のウルヴァリン候補に

『キングスマン』シリーズ、そして8月23日公開の『ロケットマン』で伝説のアーティスト、エルトン・ジョンを熱演するタロン・エガートンがMCUに参加することに意欲的な姿勢を示していることが明らかになりました。

2000年の『X-MEN』から17年に渡ってウルヴァリンを演じてきたヒュー・ジャックマンが『LOGAN(2017)』で引退して以来、ファンの間では次のウルヴァリンにはタロン・エガートンが最適だと言われていました。さらに2016年の『イーグルジャンプ』で両者が共演したことからその噂に拍車がかかることに。イラストレーターBosslogic氏もタロン・エガートン版ウルヴァリンのデザインを投稿しています。

View this post on Instagram

X @taron.egerton @marvelstudios #wolverine #mcu

A post shared by Bosslogic (@bosslogic) on

この世間の意見に対してタロン・エガートン本人はイギリスのラジオ番組で「それは単なる噂だと思いますよ。僕が十分にふさわしいかどうかはわかりません。MARVEL STUDIOSの人達がいいと言うならやりますけどね。だけど他にももっといい候補がいると思いますけど、どこかでMARVELの世界に関わっていけたらいいなとは思ってます。」と、ウルヴァリンを演じることにはやや否定的なコメントを残しました。

ですが先日Varieyが行ったインタビューの中で、タロン・エガートンはMARVEL作品への出演に関して前向きな姿勢を示しています。

僕はMARVELが大好きで、その映画も大好きなんです。(ウルヴァリンが)現実的かどうかはわかりませんが、是非参加したいですね。

ディズニーが20世紀フォックスを買収したことで、現在MARVEL STUDIOSは『X-MEN』をいつでもMCUに登場させることができます。現時点では詳細は知らされていませんが、今後のMCUフェーズ5以降に『ミュータント(X-MEN)』を登場させることをMARVEL STUDIOS代表のケヴィン・ファイギ氏が示唆しています。

あわせて読みたい

先日のSDCC 2019で『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』以降謎に包まれていたフェーズ4の内容がついに明らかになりました!大方は予想されていた内容ではありましたが、その一つ一つの作品が正式に発表されるたびに会場はバカ湧き、MA[…]

ウルヴァリンは『X-MEN』の中でも絶大な人気を誇るキャラクター。ヒュー・ジャックマンの後を担うのは大きなプレッシャーですが、ファンはMCU版X-MENでも登場することを望んでいるはず。

タロン・エガートンが主演の『ロケットマン』は2019年8月23日公開予定

『ロケットマン』公式サイト https://rocketman.jp/

source : Variety , Movieweb

CINEMATRONIXの最新記事をチェック!