実写版『AKIRA』キャスティング開始か ー 男女合わせて9名が募集中

マイティ・ソー / バトルロイヤル』のタイカ・ワイティティ監督による実写版『AKIRA』の製作は着実に進んでいるようで、キャスティングサイトBackstageでは『AKIRA』のものと思われるキャスティング案件が掲載されています。

あわせて読みたい

近未来の日本・ネオ東京を舞台に描かれる傑作SFマンガ『AKIRA』の実写化は長い間噂されていましたが、ついに実現するようです!監督を務めるのは『マイティ・ソー / バトルロイヤル』で監督を務めたタイカ・ワイティティ、プロデューサーにはレ[…]

「Warner Bros. “Box 28″」と名付けられたこの案件の説明欄には「無題のワーナー・ブラザーズのライブアクション映画のキャスティング」と描かれていますが、注目すべきは下の役割についての詳細です。

1人目のJunと書かれたキャラクターの説明には「18〜24歳のアジア人の男性で10代のストリートギャングのリーダー」とあることから原作に登場する金田のことではないかと思われます。2人目のKoichiというキャラクターについては「18〜24歳のアジア人の男性で生き残るために常に喧嘩せざるを得ない」と書かれています。これは金田との劣等感に悩まされる鉄雄のことかもしれません。他にもケイを思わせる「反政府組織のメンバーの女性」というキャストが募集されていたりと、このタイミングでアジア人をこんなに募集する映画は『AKIRA』以外無いのでは無いでしょうか。

2002年にWarner Bros.に映像権を買収された『AKIRA』はそれから何年もの間、様々な監督が実写化のプロジェクトに参加するも実現しませんでした。そしてついにその実写化の舵を取ることになったタイカ・ワイティティ監督は原作『AKIRA』の大ファン。ネオ東京の世界観をどのように描いてくれるのか楽しみです。

『AKIRA』の世界観を演じてみたい「我こそは!」という方、是非オーディションに参加してみてはいかが?

『AKIRA』は2019年7月15日に撮影開始予定2021年5月21日に公開予定(日本での公開日は未定)

source : CBR.com

 

CINEMATRONIXの最新記事をチェック!