映画『ライオン・キング』アニメーション映画としてもリメイク映画としても史上最高の興行収入を記録!

先日公開された『ライオン・キング』は「実写版」と呼ばれていますが、正確には1994年に公開された原作を超リアルなCGで再現した「アニメーションリメイク」というカテゴリーに分類されます。

そしてこの『ライオン・キング』が先週末8月11日時点で、「アニメーション映画」としても「リメイク映画」としても世界興行収入1位を記録したことが明らかになりました。

あわせて読みたい

1994年に公開されて以来多くの人に愛されてきたディズニーの『ライオン・キング』。25年経った今年、最先端の映像技術によってついにその実写版が公開されます。『アイアンマン』や『アイアンマン2』で監督を務め、さらに自身も『スパイダーマン : […]

CINEMABLENDによると、8月11日時点での『ライオン・キング』の興行収入は13億3400万ドル、これまで最高の売り上げを記録していた『アナと雪の女王(2014)』の12億7600万ドルをすでに超えており、最終的に15億ドルを記録するのではないかと見られています。ちなみに『アナと雪の女王』の次には『インクレディブル・ファミリー(2018)』の12億2400万ドル、『ミニオンズ(2015)』の11億5000万ドル、『トイ・ストーリー3(2010)』の10億5000万ドルが続いています。

ディズニーの「リメイク映画」としてもこれまで最高の興行収入を記録していた『美女と野獣(2017)』の12億6300万ドル、『アリス・イン・ワンダーランド(2010)』の10億2400万ドルを超え、『ライオン・キング』は原作アニメーション作品を持つ作品の映画化としては最も成功したディズニー作品となりました。

ディズニーには今年だけで『キャプテン・マーベル』『アベンジャーズ / エンドゲーム』『アラジン』そして『ライオン・キング』と10億ドル超えを記録した作品が4作もあります。現在公開されている『トイ・ストーリー4』も10億ドルの大台に近づいており、さらに年末公開される『スター・ウォーズ / ザ・ライズ・オブ・スカイウォーカー』も10億ドルを超えるだろうと見込まれています。

source : CINEMABLEND

あわせて読みたい

ディズニー最新作『ライオン・キング』は最先端のCGIを使った「アニメーションリメイク映画」です。自然の風景や動物の細かい毛並みまで全てがリアルに描かれていますが、この中に一ヶ所だけCGIではなく実際に撮影されたシーンがあることを監督のジョン[…]

あわせて読みたい

ディズニー/ピクサー最新作『トイ・ストーリー4』は、『トイ・ストーリー(1995)』『トイ・ストーリー2(1999)』『トイ・ストーリー3(2010)』とこれまで3作公開されてきたシリーズの最新作。ですが『トイ・ストーリー』シリーズは前作の[…]

CINEMATRONIXの最新記事をチェック!