[ネタバレあり]『トイ・ストーリー4』レビュー・感想・解説 ー 続編の可能性はあるのか?

ディズニー/ピクサー最新作『トイ・ストーリー4』は、『トイ・ストーリー(1995)』『トイ・ストーリー2(1999)』『トイ・ストーリー3(2010)』とこれまで3作公開されてきたシリーズの最新作。ですが『トイ・ストーリー』シリーズは前作の『トイ・ストーリー3』で完璧な結末を迎えたように思っていたファンの方も多いと思います。本当に続編が必要だったのか、そしてそこでは何が描かれるのか。本記事ではそれを解説していきます。

※本記事では『トイ・ストーリー4』本編の内容について触れています。まだ本編をご覧になっていない方は一度本編をご覧になってからお読みください。

『トイ・ストーリー4』はウッディの物語

『トイ・ストーリー』はなぜ前作で完結しなかったのでしょうか。『トイ・ストーリー4』の監督を務めたジョシュ・クーリーはCINEMABLENDで続編となる今作を製作した理由について語っています。

「我々もみなさんと同じ疑問を持ちましたよ。“待って、完結したんじゃないの?”って。我々が製作を始めた5年前はいろんな疑問があったわけです。大きな責任とプレッシャーがあって夜は眠れない。そのことが、挑戦しようとしているものの大きさを教えてくれました。僕たち自身『トイ・ストーリー3』の結末が大好きで、ウッディとアンディの物語は終わったと思っていました。だけど、まだウッディには語るべきストーリーがあると思ったんです。」

アンディやバズたちは、ウッディが大学に進学することになって知り合いの少女ボニーへと譲られることになりました。ですがアンディと同じようにボニーもウッディを一番のお気に入りにするとは限りません。ボニーはいくつかのウッディをクローゼットに残したまま、ジェシーやバズなどの他のおもちゃで遊んでいました。そしてそこに幼稚園で作った先割れスプーンでできた「フォーキー」を作ってますますウッディには目もくれず。

©︎2019 Disney / PIXAR

そんな突如としてウッディの「日常」に入り込んできたフォーキーは、自分のことをゴミだと思い込んでいてウッディが目を話した隙に自らゴミ箱に飛び込んでしまいます。自分がウッディよりボニーに気に入られているのにも関わらず、です。自分をおもちゃとして考えているウッディと、自分をゴミだと思い込んでいるフォーキー。この2人の関係性が今作のテーマの1つでもあると思います。

セカンドライフがもう一つのテーマ

今作が抱える大きなテーマは「おもちゃ達のセカンドライフ」だと思います。自分を愛してくれた子供達が大人になった時、彼らはどのようにその後生きていくのか、というおもちゃ達にとっては極めて深刻なテーマです。

今作のウッディは、フォーキーを連れ戻してボニーの元へ戻ることが自分の役目だと思っていて、まだ自分がおもちゃとして必要とされていると思っています。ですがそんなウッディはかつてアンディの家で同じ時間を過ごしたボー・ピープと再会しました。彼女はアンディの家を去った後にアンティークショップに送られ、電気スタンド人形として生きていましたが、自分の人生を見つめ直して外の世界へと飛び出したのでした。そんな彼女の生き方にウッディは自分の置かれた現実に気がつきました。

最後に遊園地でバズたちと合流したウッディは、ボニーの家にバズたちと一緒に帰ることを選びませんでした。自分の役目が終わったことを悟ったウッディは仲間たちにボニーを任せて外の世界で生きていくことを決めたのでした。今作で登場するアンティークショップ「セカンドチャンス・アンティーク」で出会ったギャビー・ギャビー、持ち主に勝手にガッカリされたスタントマンのデューク・カブーン、そして射的の景品として次の役目を待つダッキーとバニーたちも皆「セカンドチャンス」を待つおもちゃ達なのです。

最後はおなじみの「無限の彼方へ、さあ行くぞ」というセリフがありました。ボー達と新たな人生を歩み始めたウッディや、ボニーの部屋で新たな仲間と過ごしていくバズ達。それぞれが無限に広がる未来へと歩みだしていきました。

続編はあるのか

『トイ・ストーリー4』のプロデューサーであるジョナス・リヴェラ氏は、続編の可能性について完全否定はしていませんが、とりあえず一旦の区切りをつけたようです。

「(『トイ・ストーリー』シリーズを)終えられる作品になって満足しています。未来の可能性は残されていますし、ピクサーは“絶対にない”とは言いません。ですが、ストーリーテラーとして、ひとつの物語を終える作品として、この映画には満足しているんです。」

『トイ・ストーリー4』は2019年7月12日から全国で公開中

source : CINEMABLEND

 

関連記事 / RELATED POST

あわせて読みたい