[ネタバレあり]『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』レビュー ー 完結作はなぜ不評なのか

1977年の『スター・ウォーズ / 新たなる希望』の公開から42年、2019年12月20日に公開された『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』をもって映画史に語られるスター・ウォーズ・スカイウォーカー・サーガはその幕を降ろしました。

熱狂的ファンを世界中に多く有する『スター・ウォーズ』シリーズの完結編というだけあって、その結末には世界中からハンパじゃない期待が寄せられていました。そして迎えたワールド・プレミアでの先行上映。一足早くその結末を見届けてきた海外の人たちの声は「良い映画ではあるが最高ではない」「間違いなく最も複雑な『スター・ウォーズ』」など、満足と多めの不満が盛り込まれた、正直微妙な感想でした。

かく言う僕は、世界中のガチ勢に比べるとそこまで熱狂的なファンとは言えず、割と普通レベルのファンだと思います。正直マーベルやDCコミックスといったヒーローアメコミに比べると、そこまで思い入れはありません。もちろんスピンオフを含む全作品は一通り観てますけどね。

そんな僕も長い歴史を持つ『スター・ウォーズ』の歴史的瞬間を見届けるべく、迎えた一般公開の日、劇場へ足を運びました。そして2時間半後、劇場から出た僕の脳裏によぎるのは「不満」の2文字。なぜそう思ったのか、鑑賞から時間を置いてよく考えてみました。

※本記事は『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』本編の内容について触れています。まだご覧になっていない方はご注意ください。
まず、結論から言うと『スカイウォーカーの夜明け』は前作『スター・ウォーズ / 最後のジェダイ(2017)』によるところが大きい、と言うかその尻拭いをしているように感じました。
監督のJ・J・エイブラムスが描き始めた新たなスター・ウォーズ3部作、最初の『スター・ウォーズ / フォースの覚醒(2015)』はレイの両親は誰なのか、なぜルークは姿を消したのか、など多くの謎を残しつつ次作『最後のジェダイ』へと繋ぐ形で、3部作の1作目としての役割を果たしていたと思います。
ですが、その第2作目のメガホンをとったのはJ・J・エイブラムスではなく、ドラマ『ブレイキング・バッド』のエピソード監督を務めたライアン・ジョンソンでした。そしてライアン・ジョンソンが『フォースの覚醒』から受け継いだ謎に対して用意した答えは、ファンの間で激しい賛否両論を起こすことになりました。
世界中で議論されていたレイの両親については誰とも知らないただのジャンク業者という斜め上の展開でしたし、ファンが待ち望んだルーク・スカイウォーカーの姿とは全く変わっていたルークは最後に英雄として再び立ち上がりますが1作で死んでしまいました。さらに新たな敵ファースト・オーダーのボス、最高指導者スノークは、その正体を明かすこともなくカイロ・レンにあっさりと殺されてしまい、そのカイロ自身も善と悪の間でブレにブレています。『フォースの覚醒』から始まった新たな歴史、ファンの抱く新たな期待を『最後のジェダイ』がバッサリと捨てたように感じました。

そこで再びメガホンをとることになったJ・J・エイブラムスは、取り繕うように『スカイウォーカーの夜明け』を製作しましたがそこには多くの「急ごしらえ」感を感じずにはいられません。

まずスノークという絶対的な悪を失い、ブレるカイロ・レンだけではストーリー的に不十分と感じたのか、死んだはずのパルパティーンをゾンビのように復活させました。パルパティーンをわざわざ復活させる必要があったのか。それは往年のスター・ウォーズファンへのファンサービスの意味もあったのかもしれませんが、結局はジェダイvsパルパティーンという過去を再現しただけです。

そしてルークもファンが望むような英雄感のあるキャラクターとして描かれ、「私が間違っていた」とまで言わせる始末。海に沈められていたX-ウイングを再登場させるあたりにもファンの機嫌を取るような演出に思えてなりませんでした。さらにライトセーバーを捨てようとしたレイに対して「ジェダイの武器には敬意を払え」と。いやいや、あなたライトセーバー捨ててましたよね!?

レイの正体についても『最後のジェダイ』で「誰でもない」、つまり「誰もがジェダイになる可能性がある」ことを示していたハズ。パルパティーンの孫娘というやや今更感のある設定を加えたことで、その可能性を打ち砕いて再び血縁関係をめぐる展開に戻っています。なぜレイがパルパティーンの孫でなければならなかったのかはわかりません。レイは「誰でもない」ままでもジェダイの歴史を背負えたと思いますし、スカイウォーカーの名前を受け継げたハズです。

さらに言えば、チューバッカがレイのせいで死んでしまったかもしれないという展開についても実は船が違うというオチで早くも再登場するし、C-3POがこれまでの記憶と引き換えに重要なシスの言葉を翻訳するという涙を誘うくだりも結局はR2-D2によってあっさりと記憶が蘇っています。これらの演出に何の意味があったのかよくわからないし、必要なかったのではないでしょうか。

ランドの再登場も本当に必要だったのか、最後にカント・バイトの少年をわざわざ映したのは何だったのか。『スカイウォーカーの夜明け』はファンサービスに終始しながら中途半端に結末を迎えたように思います。

『フォースの覚醒』で過去の『新たなる希望』を思い返すような演出を描き、『最後のジェダイ』でそれをバッサリ捨ててオリジナル性の高い物語にしようと試み、そして『スカイウォーカーの夜明け』でそれを真っ向から否定するように結局過去に執着する物語となってスカイウォーカー・サーガは終わりを迎えました。新たな3部作を全体で見て成功したかと言えば僕は失敗したと思います。

『スター・ウォーズ』の世界はまだこれからも続いていきます。42年続いてきたスカイウォーカー・サーガを完結させるということは、未来へ繋ぐ物語の基礎を築くということでもあるはず。ファン全員が否定的な考えではないかもしれませんが、もしもJ・J・エイブラムス、もしくはライアン・ジョンソンが3部作を全て担当していたらもっと違う結果になっていたのかもしれないと思います。

あわせて読みたい

『スター・ウォーズ / 新たなる希望(1977)』から脈々と紡がれてきたスター・ウォーズ・サーガの完結編となる最新作『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』がついに公開されました。長年語られてきた『スター・ウォーズ』シリー[…]

あわせて読みたい

※本記事は『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』本編の内容について触れています。まだ本編をご覧になっていない方はご注意ください。『スター・ウォーズ』スカイウォーカー・サーガの完結作として公開された『スター・ウォーズ / スカ[…]

あわせて読みたい

スカイウォーカー・サーガ完結作『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』の大きく評価を下げた要因の一つに、かつてダース・シディアスとしてシスの頂点に君臨していたパルパティーンの復活という展開が挙げられると思います。『スター・ウォーズ[…]

あわせて読みたい

40年以上にわたり紡がれてきた壮大なスター・ウォーズの物語がいよいよ明日『スター・ウォーズ / スカイウォーカーの夜明け』の公開をもって完結となります。ですがルーカス・フィルムの代表キャスリーン・ケネディ氏は、2019年12月16日にロサン[…]

CINEMATRONIXの最新記事をチェック!