『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』未公開映像を含めたディレクターズカット版が1週間限定で再上映される模様

『アベンジャーズ / エンドゲーム』が劇場で公開されて約2ヶ月が経った頃、MARVEL STUDIOSはさらに未公開シーンを新たに加えてまさかの再上映をしたことによって、それまで世界興行収入1位だった『アバター』の記録を抜き『アベンジャーズ / エンドゲーム』は現在「世界で最も観られた映画」となりました。

そして『アベンジャーズ / エンドゲーム』の次に公開された『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』も、新たに未公開シーンを加えて再上映する可能性が浮上しました。

掲示板サイトRedditに投稿された情報によると、ソニー・ピクチャーズ・エンターテイメントは今月末に『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』のディレクターズカット版を1週間限定で映画館で公開するとのことです。

[NA] Spider-Man FFH getting a director’s cut re-release over Labor Day weekend fromboxoffice

「私は劇場のマネージャーで、こんなメールを(ソニーから)受け取りました。それにはこのように記されています。

8月30日の週末に、ソニー・ピクチャーズ・エンターテイメントは『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』のディレクターズカットバージョンを全国の劇場に再発行します。このディレクターズカットバージョンにはさらなる体験のために全く新しい未公開映像が追加されました。この新しいカットの背景には大規模なマーケティングキャンペーンがあるため、通常のスクリーンとPLF(Premium Large Format)スクリーンの両方で上映する際のサポートを求めています。」

この未公開映像が何になるのかは明らかにされていませんが、オリジナルバージョンで削除されたという「ピーターの TO DOリスト」のシーンが含まれることが予想されます。

あわせて読みたい

本日から公開の『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』はMCUフェーズ3最終作にふさわしい、見応えのある内容になっています。[adcode]師匠とも言えるトニーのいない世界で、若いヒーローであるピーターはどう成長していくのか。[…]

現在公開中の『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』はアメリカ国内で3億7000万ドル、世界興行収入は10億ドルを記録しています。この再上映によって国内での興行収入は4億ドルを超えると見込まれています。

あわせて読みたい

6月28日に日本で世界最速公開された『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』は昨日7月25日に世界興行収入10億ドル(およそ1086億円)を記録、これまでのスパイダーマン映画で10億ドルを突破したのは初となりました。[adcode[…]

『アベンジャーズ / エンドゲーム』で味を占めたのか、この未公開シーンを含んでの再上映という流れはこれからMARVEL STUDIOSの恒例となるのでしょうか。

あわせて読みたい

※本記事は『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』本編の内容について触れています。まだ本編をご覧になっていない方は一度ご覧になってからお読みください。[adcode]『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』で登場したミス[…]

CINEMATRONIXの最新記事をチェック!