『ジョーカー』続編、実現なるか ー トッド・フィリップス監督がワーナー・ブラザーズと話し合う

トッド・フィリップス監督の独自の解釈によって悪のカリスマ、ジョーカーの誕生を描いたDCコミックス映画『ジョーカー』は、公開後世界中から多くの賞賛を浴びて”アカデミー賞最有力”とまで言われています。

そしてついに『ジョーカー』の待望の(?)続編についての話し合いがトッド監督と製作のワーナー・ブラザーズとの間で行われたことが明らかになりました。The Hollywood Reporterが報じています。

The Hollywood Reporterによると、すでにワーナー・ブラザーズはトッド・フィリップス監督と再登板に向けた話し合いに入っており、仮にそれが実現する場合は共同脚本のスコット・シルバーも続投し、さらに主人公アーサー・フレックを演じたホアキン・フェニックスも続投することを検討しているとのこと。

『ジョーカー』は企画当初、その暗すぎる内容から懐疑的なワーナー・ブラザーズの一部の幹部からは製作中止をほのめかされていましたが、トッド監督とホアキン・フェニックスは見事にその考えを払拭して、R-指定映画での興行収入1位を記録、そしてコミックス映画史上最も収益性の高い映画となりました。

あわせて読みたい

トッド・フィリップス監督によってアメコミ界屈指のヴィラン・ジョーカーの誕生を描いたDCコミックス原作の映画『ジョーカー』は、これまでにないコミックス映画として世界中から高い評価を受けています。アメリカの経済誌フォーブスによると、『ジ[…]

この功績からワーナーが続編の製作に目をつけるのは当然の流れですが、これまでトッド監督とホアキンは続編の製作に関してはあまり積極的ではありませんでした。トッド監督は「続編の計画はありませんよ。我々はこの作品を1本の映画としてワーナー・ブラザースに売り込んだんです」述べ、ホアキンも「1作目が成功したってだけで続編をやるようなことはしませんよ」とコメントしています

ですがその一方で、ホアキンは『ジョーカー』の撮影中、トッド監督に「続編の話ができないかな?(アーサーというキャラクターは)掘り下げるところが多すぎるよ」とアーサー・フレックを演じることに魅力を感じていたことや、トッド監督も「ホアキンが望むことはやらせてあげたい」と再び2人がタッグを組むことには強い関心があるようです。

あわせて読みたい

DCコミックスのみならずアメコミの中でも屈指の知名度を誇るヴィラン、「ジョーカー」の誕生を描いた映画『ジョーカー』。脚本と監督を務めたトッド・フィリップスによる独自の解釈で描かれた本作は、そのストーリーもさることながら、主演を務めたホアキン[…]

また先日Los Angels Timesのインタビューの中で、トッド監督は「“狂気の犯罪王子”を描く大胆でクレイジーな映画、っていうのはできません。今作と同じような深みのあるテーマが必要でしょう。結局のところ、それ(『ジョーカー』に込められたテーマ)が根底にあったから、この映画は皆さんに繋がったんだと思うんです。多くの映画が「火花」だとしたら、この映画は「火薬」でした。そう行った部分をリアルな形で再び捉えられるなら、面白い作品になるんじゃないでしょうか。」とコメントしています。続編実現の可能性はテーマ(アイデア)次第だということでしょうか。

あわせて読みたい

アメコミ界で最も有名なDCコミックスのヴィラン「ジョーカー」。ホアキン・フェニックス主演でその誕生を描いた映画『ジョーカー』は、10月4日の公開から3週間経った今もなお世界中を席巻しています。週末映画ランキングでは3週連続No.1を記録し、[…]

あわせて読みたい

DCコミックスで人気のヴィラン「ジョーカー」の誕生を描いた『ジョーカー』。主演のホアキン・フェニックスの見事なまでの演技力もさることながら、トッド・フィリップス監督の独自の解釈で捉えた本作は、これまでにないジョーカーの世界観と物語を描いてい[…]

source : The Hollywood Reporter , Los Angels Times

CINEMATRONIXの最新記事をチェック!