• MARVEL
  • MARVEL STUDIOの映画やドラマについての最新情報

『アベンジャーズ / エンドゲーム』監督「真の英雄は◯◯◯」 作中のMVPについて語る

その衝撃的な結末でMCU11年の歴史に一旦の幕を閉じた『アベンジャーズ / エンドゲーム』ですが、We Got This Coveredによると監督の1人であるジョー・ルッソが、中国のサイトでのインタビューの中で「十分な評価を得ていないキーキャラクターがいる」ことを明かしました。

※ここからは『アベンジャーズ / エンドゲーム』の内容に触れています。まだ本編をご覧になっていない方は一度ご覧になってからお読みください。

「あいつがいなければ未来はなかった」

「そのキャラクターがいなければアベンジャーズは世界を救うことができなかっただろう」

映画そのものが成り立たなくなっていたかもしれないという、それほどまでに重要な役回りをしたキャラクターとは一体誰だったのか…

それはネズミ。ネズミです。Mouseです。

量子世界に閉じ込められていたスコット(アントマン)を助け出したのはこのネズミでした。あのネズミが廃車場で偶然にもスイッチを押していなければ、スコットは量子世界に閉じ込められたままで、スティーブ達にタイムトラベルの可能性について話すこともできていませんでした。トニーにもタイムトラベルのアイデアはあったようですが、スコットがいなければトニーもタイムトラベルスーツの開発を実行していなかったと思います。

「あのネズミは宇宙を救いました。ドクター・ストレンジが見た1400万通りの未来の中で、あのネズミはスイッチを押すことができず、ヒーロー達は未来を勝ち取ることはできませんでした。」

『アントマン & ワスプ』の後、ファンの間ではスコットがどうやって量子世界から戻ってくるのかが議論されていました。それがまさか1匹のネズミの行動に宇宙の運命が左右されることになるとは…誰も予想していなかったことだと思います。

全てが戻った今、『アントマン3』の製作はあるのか?もしあるとしたら、ちょっぴり大人になった娘のキャシーが活躍するのかも。

source : We Got This Covered

 

関連記事 / RELATED POST

あわせて読みたい