DCコミックス

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のジェームズ・ガン監督『スーサイド・スクワッド』以外にもDC映画を製作する可能性がある

MCUでも人気のシリーズ『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズを手がけたジェームズ・ガン監督は、現在DCコミックス原作映画『スーサイド・スクワッド(原題 The Suicide Squad)』の撮影に取り掛かっていますが、実は他にも監督したい作品があったことを明らかにしました。



Instagramで行われたファンとのQ&Aの中で、ガン監督は「DC映画で『スーサイド・スクワッド』の次に選択肢にあった作品は何ですか?」との質問に対して「実は2つありました。今日は言いませんがいつかわかるかもしれませんね。」と遠くない将来に再びDCコミックス映画を監督する可能性をほのめかしています。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』で一躍有名になったガン監督はディズニーとの解雇騒動の後、その才能を買われてワーナー・ブラザーズから脚本と監督のオファーを受けました。その後ディズニーと再び契約を結び、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』のメガホンを取ることになりましたが、撮影が始まるのは少なくとも『スーサイド・スクワッド』が終わってからになります。

今だから振り返る。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』監督ジェームズ・ガンの解雇騒動から復帰まで本日3月16日に、めでたくMARVEL STUDIOの人気作品『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの監督に再び復帰することが決...

ほぼ無名だった『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』を人気のシリーズにまで仕上げたガン監督の手腕なら、『スーサイド・スクワッド』も大いに期待できるところ。そしてその後のDCEU作品にもオファーがあるかもしれません。

ガン監督が気になっていた2作品については明らかになっていませんが、2016年にガン監督はDCコミックス原作の映画を作る機会があり、一度それを断ったことを明らかにしていました。その時ガン監督が気になったプロジェクトは『シャザム!』、『スワンプ・シング』、『ジョナ・ヘックス』でした。

『シャザム!』はすでにデヴィッド・F・サンドバーグ監督によって映画化されているので、ガン監督が次に手がけるとすれば『スワンプ・シング』か『ジョナ・ヘックス』かもしれません。

『スーサイド・スクワッド(原題 The Suicide Squad)』は2021年8月6日公開予定

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』監督、ファンに脅迫を受ける ー 「ロケットを殺すならあなたは死ぬ」『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー(2014)』、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー : リミックス(2017)』とこれまでMCUの...

source : Screen Rant

CINEMATRONIXをFOLLOW!!