• MARVEL
  • MARVEL STUDIOの映画やドラマについての最新情報

MARVEL超重要キャラクター「アダム・ウォーロック」を演じるのは誰?ジェームズ・ガン監督の言葉にヒントが

解雇騒動から復帰したジェームズ・ガン監督が再びメガホンを取ることになった『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』には、MARVEL COMICSのなかでも重要なキャラクターの1人である「アダム・ウォーロック」が登場する可能性が高いと言われています。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー : リミックス』のエンドクレジットでソヴリン星人の女王アイーシャが、ガーディアンズ達への復讐のために作られた出産ポッドを「アダム」と名付けるシーンがあり、この「アダム」がアダム・ウォーロックのことであることはほぼ確実だと思われますが、もともとは第2作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』に登場させる予定だったそうです。

アダム・ウォーロックとは?

原作ではアダム・ウォーロックは「エンクレイブ」と呼ばれる科学者集団によって生物兵器として創られた人造人間です。「完璧な人間」として地球征服をするために創られましたが、エンクレイブに反抗して施設を破壊して脱走。その後、超人的なパワーと頭脳を武器に、インフィニティ・ガントレットを手に入れたサノスに対抗するための「欠かせないキャラクター」として描かれています。

そんなアダム・ウォーロックをなぜ『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー : リミックス』で登場させなかったのでしょうか。/Filmのインタビューのなかで、ガン監督はその理由について語っています。

脚本の大きな部分を担っていたけど、キャラクターが多すぎることに気づいたんです。ウォーロックのことは本当に大好きですし、(物語の要約での)彼の扱い方もすごく気に入っていました。アダム・ウォーロックを、すごくクリエイティブでユニークに登場させられたと思います。でもキャラクターが多すぎましたし、それにマンティスをカットしたくなくてマンティスはとにかく必要な存在だったから。だからウォーロックを後にとっておくことに決めたんですよ。」

また『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』の悲劇の後、「対サノス戦の切り札」と言われてきたアダム・ウォーロックは『アベンジャーズ / エンドゲーム』で登場すると噂されていましたが、監督のジョー&アンソニー ルッソ監督は自身の作るストーリーにアダム・ウォーロックの登場がフィットしないことを理由にこれを否定していました。

「(アダム・ウォーロックは)我々のストーリーには登場しません」「何度も話したように、我々の仕事はマーベル・シネマティック・ユニバースのストーリーを語ることであり、私たちがコミックファンだからってコミックの直接的な翻案を作ることではありません。映画監督として、私はすでに語られたストーリーを語ったり、観たりすることに興味はありません」

アダム・ウォーロックを演じるのは若い俳優?

ではアダム・ウォーロックが近い将来スクリーンに登場するとなると誰が演じるのでしょうか?

IGNのインタビューの中で、マシュー・マコノヒーがアダム・ウォーロックを演じるか尋ねられたジェームズ・ガン監督はこれを年齢的な部分で否定しています。

「いや、マコノヒーがアダムを演じるにはちょっと歳をとりすぎていると思う。アダム・ウォーロックは生まれたばかりだから基本的には赤ん坊なんです。アダム・ウォーロックを誰が演じるかについてたくさんの人がネットでアイデアをくれるけど、なかには65歳なんてものもあったよ!どうやってアダム・ウォーロックを演じるんだ?(笑)彼は赤ん坊だよ。」

とは言え、本当に赤ん坊がアダム・ウォーロックとして登場することはないと思います。外見はある程度の大人だけど精神状態にまだ子供っぽさが残っているといった感じでしょうか。僕は20代後半ぐらいの俳優が起用されるんじゃないかと予想しています。『ダンケルク(2017)』のアンセル・エルゴートとか?若すぎ?

©︎2017 Warner Bros.

また、様々な映画のイメージビジュアルを手がけるグラフィックデザイナーBosslogic氏は『ゲーム・オブ・スローンズ』のニコライ・コスター=ワルドー、そして『ターザン : REBORN(2016)』のアレクサンダー・スカルスガルドがそれぞれアダム・ウォーロックを演じた場合のイメージ画像を投稿しています。

「彼は未来のマーベル・コズミック・ユニバースの一部なんです。とても重要な役割ですよ。」と語るジェームズ・ガン監督。『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』では重要キャラクター「ノヴァ」の登場も示唆されており、これからのMCUの世界を語るのに見逃せない作品になることは間違いありません。

source : IGN , /Film , Comicbook.com

 

 
 

関連記事 / RELATED POST

あわせて読みたい