エズラ・ミラー主演DCコミックス映画『ザ・フラッシュ』が公開決定!公開予定日は2022年7月1日 ー 『アクアマン2』より前の公開に

DCコミックス原作『ジャスティス・リーグ(2017)』に登場した”史上最速の男”バリー・アレン(フラッシュ)を主役にした単独作品『ザ・フラッシュ』の公開が決定したことをワーナー・ブラザーズが発表しました。公開予定日は2022年7月1日とのこと。

『ザ・フラッシュ』の映像化については2014年から企画されていました。これまで『レゴバットマン ザ・ムービー(2017)』のセス・グレアム=スミスや、『DOPE/ドープ!!(2015)』のリック・ファミュイワ、『ゲーム・ナイト(2018)』のジョン・フランシス・デイリー&ジョナサン・ゴールドスタインといった監督達が就任しては辞退し、なかなか実現には至りませんでした。

今回ついにその『ザ・フラッシュ』の映像化を(きっと)実現するのは『IT / イット “それ”が見えたら、終わり。』のアンディ・ムスキエティ監督。プロデューサーはその姉のバルバラ・ムスキエティと『ランペイジ : 巨獣大乱闘(2018)』のマイケル・ディスコが務め、脚本は『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY』のクリスティーナ・ハドソンが執筆することが明らかになっています。

主役のバリー・アレン役は『ジャスティス・リーグ』に続きエズラ・ミラーが続投しますが、『ファンタスティック・ビースト3(タイトル未定)』の撮影が2020年の春から始まるため、その撮影後(おそらく2021年)に『ザ・フラッシュ』の撮影に入ると思われます。

あわせて読みたい

世界的大ヒットファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ映画『ファンタスティック・ビースト』の3作目となる続編が正式に製作されることが発表されました。Deadlineや各メディアが報じています。[adcode]『ファン[…]

また、『ジャスティス・リーグ』メンバーのベン・アフレックが演じるバットマンは引退、ヘンリー・カヴィルが演じるスーパーマンはどうなるのかわかりませんが、ガル・ガドット演じるワンダーウーマンは最新作『ワンダーウーマン 1984』の公開を2020年6月5日に控え、ジェイソン・モモア演じるアクアマンの続編も2022年12月16日の公開を目指すとのこと。あれ、サイボーグは…?

あわせて読みたい

ザッカリー・リーヴァイ主演で2019年に公開されたDCコミックス映画『シャザム!』。その主人公シャザムのライバル「ブラックアダム」の物語を描く『ブラックアダム(原題 Black Adam)』がドウェイン・ジョンソン主演で製作されることが明ら[…]

source : Deadline

CINEMATRONIXの最新記事をチェック!