『ファンタスティック・ビースト3』が正式に製作決定 ー 公開予定日は2021年11月21日

世界的大ヒットファンタジー小説『ハリー・ポッター』シリーズのスピンオフ映画『ファンタスティック・ビースト』の3作目となる続編が正式に製作されることが発表されました。Deadlineや各メディアが報じています。

『ファンタスティック・ビースト』シリーズは『ハリー・ポッター / 賢者の石』から70年前の1926年のアメリカを舞台に、主人公のニュート・スキャマンダーが幻の動物たちや一風変わった仲間たちとふれあいながらも、世界を脅かす強力な闇の魔法使いとの戦いを描いています。

また、『ファンタスティック・ビースト』シリーズは『ハリー・ポッター』シリーズと違って、世界各地を舞台にする物語が繰り広げられるところも特徴で、今度の舞台はブラジルのリオ・デ・ジャネイロ。原作者のJ・K・ローリングがちょうど1年前の2018年11月に自身のTwitterのアイコンをブラジルのリオ・デ・ジャネイロに変更していたことから、ファンの間では『ファンタスティック・ビースト3』の舞台が今度はブラジルではないかと噂されていました。

監督を務めるのは『ハリー・ポッター / 不死鳥の騎士団(2007)』から『ファンタスティック・ビースト / 黒い魔法使いの誕生(2018)』まで、これまで全6作にわたってメガホンを取ってきたデヴィッド・イェーツ、原作のJ・K・ローリングと共に共同脚本を手がけるのは『ハリー・ポッター / 不死鳥の騎士団』以外の全作品を担当してきたスティーヴ・クローヴス。

キャストにはニュート・スキャマンダー役にエディ・レッドメイン、アルバス・ダンブルドア役にジュード・ロウ、ゲラート・グリンデルバルド役にジョニー・デップが復帰することが明らかになっている他、前作『ファンタスティック・ビースト / 黒い魔法使いの誕生』でアルバス・ダンブルドアの弟であるという衝撃の事実が判明したクリーデンス役のエズラ・ミラー、ニュートに巻き込まれた普通の人間ジェイコブ役のダン・フォグラー、ジェイコブを愛し悪への忠誠を誓ったクイニー役のアリソン・スドル、ニュートのパートナーであり妻ティナ役のキャサリン・ウォーターストンらの名前も確認されています。

『ファンタスティック・ビースト3(仮題)』は2020年に撮影開始、2021年11月21日にアメリカで公開予定。同じく11月に公開予定の作品にはマーベル作品『Thor : Love and Thunder』も控えており、観客動員数の動きにも注目が集まるところ。また同シリーズの『ファンタスティック・ビースト4』は2022年『ファンタスティック・ビースト5』は2024年の公開を予定しています。

source : Deadline

CINEMATRONIXの最新記事をチェック!