MARVEL

『マイティ・ソー / ラブ・アンド・サンダー』の敵役に『ダークナイト』や『フォード vs フェラーリ』のクリスチャン・ベールが決定

2021年11月に公開予定のMCUフェーズ4作品『マイティ・ソー / ラブ・アンド・サンダー』に『バットマン ビギンズ』3部作や『フォード vs フェラーリ』のクリスチャン・ベールがメインヴィランを演じることが明らかになりました。

クリスチャン・ベールがMCUに参加する可能性については以前から噂されていましたが、どうやらこれが実現に至ったようで、ヴァルキリー役のテッサ・トンプソンがEntertainment Tonightの取材の中で

「(『ラブ・アンド・サンダー』のキャストには)馴染みのある人もいれば新しく加わった人もいます。クリスチャン・ベールがヴィランを演じるんですよ。きっとすごいことになります。」と語っています。

クリスチャン・ベールがスーパーヒーロー作品に出演するのはDCコミックス原作映画『ダークナイト ライジング(2012)』以来、約9年ぶり。『マシニスト(2004)』で体重54キロのガリガリに痩せ細った姿を披露したかと思えば、『バットマン』シリーズの撮影のために6ヶ月で86キロまで体重を増やし、その後も『ザ・ファイター(2010)』『アメリカン・ハッスル(2013)』『バイス(2018)』など、激しい肉体改造をして役作りに挑むことで有名なベール。MCUに参加するということはやはり『バットマン』の時のように身体を作り込んでから撮影に挑むのでしょうか。「スーパーヒーロー筋肉フェチ」の方は是非期待したいところ。

またベールが演じる役については、遺伝子操作で生まれたサイボーグ兵器「ベータ・レイ・ビル」やオーディンの叔父「サーペント」といったキャラクターが推測されています。

『マイティ・ソー/ラブ&サンダー』には、前作『マイティ・ソー / バトルロイヤル(2017)』を手がけたタイカ・ワイティティが脚本・監督として続投、ソー役のクリス・ヘムズワース、ヴァルキリー役のテッサ・トンプソン、ジェーン・フォスター役のナタリー・ポートマンの再出演が明らかになっています。

『マイティ・ソー / ラブ・アンド・サンダー』は2021年11月5日公開予定

[マーベル]『マイティ・ソー / ラブ・アンド・サンダー』ジェーン役ナタリー・ポートマン、乳がんと戦うストーリーについて「すごく楽しみ」MCUでも人気のヒーロー、ソーの活躍を描く『マイティ・ソー』シリーズの4作目『マイティ・ソー / ラブ・アンド・サンダー』は、ナタリー・...

source : Entertainment Tonight

CINEMATRONIXをFOLLOW!!
LATEST POST