• MARVEL
  • MARVEL STUDIOの映画やドラマについての最新情報

『アベンジャーズ / エンドゲーム』海外のレビューをネタバレなしで紹介!

4月22日(現地時間)にロサンゼルスのコンベンションセンターで、『アベンジャーズ / エンドゲーム』のワールドプレミアが開催されました。

そこで一足早く映画を見ることができた幸運な人達が、多くの感想をSNSで投稿しているので紹介します。ネタバレはありませんので安心してください!

あらゆる期待を上回るMCUの到達点

「Comicbook.com」ライター、ブランドン・デイヴィス氏

「『アベンジャーズ / エンドゲーム』は本当に驚異的でヤバい映画だった。こんな映画は今までに見たことがない。僕が求めていた以上の映画だったよ。本当にヤバい。」

「大声で笑って、全力で手を叩いて、そしてめちゃくちゃ泣いた。これはあらゆる期待を上回るMCUの到達点だ。」

「『アベンジャーズ / エンドゲーム』を観た映画体験を僕は忘れることができない。単純に圧倒された。この映画は世界中のMARVELファンのための映画だ。」

「ネタバレは避けて、できるだけきれいな状態で体験してください。自分自身の、そして誰かにとっての体験を台無しにしないで。」

「The Wrap」リポーター、ベアトリス・ヴァーホーベン氏

「『アベンジャーズ / エンドゲーム』を観てきたわ。みんな絶ッッ対に準備できてないわ。どんな推測も、この映画には心の準備になってないの。たくさん泣いて、手を挙げて絶叫してしまったわ。本当に最高。」

「Fandango」マネージャー、エリック・デイヴィス氏

「何ひとつ明かさずに言えば、笑って、泣いて、泣いて、声を上げて、笑って、また泣きました。そして客席全体から、力強いスタンディングオベーションがあって、それでまた泣いきました。みんな、心の準備をしておいて。心の準備を。」

「『アベンジャーズ/エンドゲーム』は間違いなく最高の映画です。22の作品の確かな集大成で、物語を終えるだけじゃなくて広げているんです。映画が展開する中で、みなさんは他の作品についても知ることになるでしょう。『インフィニティ・ウォー』が筋肉だとすれば、『エンドゲーム』は頭脳。最高の結末です!」

「CinemaBlend」編集者、エリック・アイゼンバーグ氏

「『アベンジャーズ / エンドゲーム』には求めていた以上のものがあります。このことを小さく見積もってはいけない。完全に圧倒されました。過去11年間が見事に反映され、すべてが最高の形で実を結ぶのです。疑うことなく大好きなMCU作品が新たに誕生しました。呆然としています。」

「Collider Video」製作者、デニス・ツェン氏

「『アベンジャーズ/エンドゲーム』にはコミックの最高な部分がたくさん詰まっていて、みなさん予想できていないかもしれませんね。アクションや感情、そしてユーモアが完璧に混ざり合いつつ、全編にわたって緊張感が張りつめている。間違いなく、大作映画にとってひとつの達成です。」

「Collider」ペリ・ネミロフ氏

「『アベンジャーズ/エンドゲーム』は本当に充実しています。時にはやり過ぎにも思えるほどです。だけどその効果は本当に大きいんです。家族であること、ヒーローであることの意味を力強く掘り下げてきたシリーズに、これまで10年間夢中になってきたことを光栄に思いました。(『エンドゲーム』も、私の大好きなMCU作品のひとつになっています)。」

「Moviefone」ドリュー・テイラー氏

「『アベンジャーズ/エンドゲーム』は、巨大なスタジオによる映画製作の驚くべき達成というだけでなく、とても感動的で、個性的で、感情的な作品です。これはMCUだけじゃなく、いわゆるスーパーヒーロー映画のクライマックスなのかもしれません。」

どうですか?こんなに多くの業界人がみんな口を揃えて「最高」だと語る『アベンジャーズ / エンドゲーム」。そのスーパーヒーロー映画の集大成とも言える今作の日本公開まで残り14時間僕も日本最速で観てきます

 

関連記事 / RELATED POST

あわせて読みたい