『ジョーカー』代表的な階段でのダンスシーン、観光名所になる ー このシーンで流れたBGMも論争を呼ぶ

心優しいアーサー・フレックが、歪んだ「狂気の犯罪王子」ジョーカーになるまでを、トッド・フィリップス監督独自の解釈によって描いたDCコミックス映画『ジョーカー』は公開から2週間過ぎた現在で7億ドル以上を売り上げ、全世界で社会現象となっています。

あわせて読みたい

トッド・フィリップス監督によって狂気の犯罪王子・ジョーカーの誕生を描いた『ジョーカー』。公開から2週間が経った現在、本作は6億ドルを突破して今週末で7億ドルを超えるのではないかと予想されています。また、アメリカの経済誌フォーブスによると[…]

『ジョーカー』といえば、ホアキン・フェニックス演じるアーサー・フレックが長い階段を踊りながら降りてくるシーンが印象的ですが、この「ジョーカー階段」は今では有名観光名所となっていて連日多くのファンが訪れているようです。

https://www.instagram.com/p/B32JOOQn_bF/?utm_source=ig_web_copy_link

この場所はアメリカのニューヨーク州ブロンクス West 167th Streetにあるシェークスピア通りとアンダーソン通りを繋ぐ階段です。

©︎Google Map

また、このシーンで流れている音楽は1972年にリリースされた、イギリスのグラム・ロック・シンガー、ゲイリー・グリッターの『Rock&Roll Part2』。実はこのゲイリー・グリッター、1995年に児童ポルノをダウンロードしたことで表舞台から姿を消し、2015年には強姦未遂や子供に対する複数の性犯罪で16年の懲役が言い渡されています。

公開直後、『ジョーカー』で曲が使用されたことで、ワーナー・ブラザースからゲイリーに多額の印税が支払われる可能性があることに対してネットでは怒りの声が上がっていました。

ゲイリーの楽曲の権利を所有するSnapper Musicの代表は「ゲイリー・グリッターに印税が支払われることはない」「彼とは連絡を取っていない」とゲイリーに利益が発生しないことを明らかにしましたが、ワーナー・ブラザースは今後の『ジョーカー』のホームリリース版で、この『Rock&Roll Part2』を削除する可能性もあるとの考えを示しています。

あわせて読みたい

公開前から圧倒的な評価を受けて話題となっていた『ジョーカー』は、公開後様々な論争を呼び、早くも世界興行収入5億ドルを突破、2019年を代表するヒット作の1つとなりました。世界的コーヒーチェーン・スターバックスでも、その『ジョーカー』人気によ[…]

あわせて読みたい

DCコミックスで人気のヴィラン「ジョーカー」の誕生を描いた『ジョーカー』。主演のホアキン・フェニックスの見事なまでの演技力もさることながら、トッド・フィリップス監督の独自の解釈で捉えた本作は、これまでにないジョーカーの世界観と物語を描いてい[…]

あわせて読みたい

「犯罪王子」ジョーカーの誕生を描いたDCコミックス原作映画『ジョーカー』は、公開から2週間経った現在、6億ドルの世界興行収入を記録して大ヒット作となりました。その内容については様々な意見が飛び交っていますが、主演のホアキン・フェニックスの圧[…]

source : Comicbook.com

CINEMATRONIXの最新記事をチェック!