DCコミックス

『シャザム!』『ライト / オフ』監督が自宅で3分の本格短編ホラー映画を撮影 ー 「自己隔離でやることがなかった」

DCコミックス映画『シャザム!(2019)』や『ライト / オフ(2016)』の監督で知られるデヴィッド・F・サンドバーグ監督が、自宅で短編ホラー映画『Shadowed』を撮影し自身のSNSで発表しました。



本作はサンドバーグ監督の長編映画デビュー作となった『ライト / オフ』と似た設定となっており、出演者はサンドバーグ監督の妻であり女優のロッタ・ロステン。なお本作を製作した経緯について「新型コロナウイルスによる自己隔離でやることがなかったから」と語るサンドバーグ監督。夫婦で暇を潰していたということですが、そのクオリティがもはや「暇つぶし」を超えたレベル!監督は「ぜひ大音量で、暗いところで観てください」とコメントしています。

妻のロステン演じる主人公が読書をしていたところ、突然物音と共に部屋の明かりが消える。慌てた主人公が懐中電灯を手にすると、あるはずのない花瓶や、椅子に座った人の影が現れ始める。そして別の物音がする方へ歩いていくと、そこには得体の知れない奇形の人型の影が主人公に迫る…

気になるのは自己隔離中の自宅という環境でどうやってこれらの影を加えたのかということですが、それについてサンドバーグ監督は「Adobe After EffectやBlenderを使いました。」とコメント、近いうちに撮影の裏側も公開すると述べています。

『ワイルド・スピード』『デッドプール2』の監督がiPhone 11Proだけで映像を撮影 ー プロの本気の遊び具合がヤバい『デッドプール2(2018)』や『ワイルド・スピード / スーパーコンボ(2019)』でメガホンを取り、さらに大ヒットアクション映画『ジ...

source : Collider

CINEMATRONIXをFOLLOW!!