[リーク]『ワンダヴィジョン』でS.W.O.R.D.が紹介されるのはほぼ確定か ー 撮影の様子が流出、モニカ・ランボーの姿も確認される

Disney +で配信予定のMCUフェーズ4作品『ワンダヴィジョン』は現在アメリカのジョージア州アトランタで撮影されており、JustJaredが2019年12月16日にその撮影の様子を収めました。そこには『キャプテン・マーベル』でキャロルの親友マリア・ランボーの娘として登場していたモニカ・ランボーの成長した姿、そして今後のMCUに大きく関わってくる組織「S.W.O.R.D.」の存在があることが明らかにされています。

大人になったモニカを演じるのは『ビール・ストリートの恋人たち(2018)』のテヨナ・パリス。

同僚らしき男性の姿も確認できます。

そして警備員らしき人物の後ろの扉にはハッキリと「S.W.O.R.D.」の文字とそのロゴが描かれています。

「S.W.O.R.D.(Sentiest World Observation and Response Department)」とはこれまでMCUにあった組織「S.H.I.E.L.D.」とは違い、宇宙からの脅威を監視して対抗する諜報機関のこと。

『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』のポストクレジットシーンでこのS.W.O.R.D.が将来のMCUに登場することが示唆されていましたが、この写真でほぼ決定的になったと言えます。やはりMCUの舞台は地球から宇宙へと移っていくのでしょうか。

あわせて読みたい

※本記事では『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』本編の内容について触れています。まだ本編をご覧になっていない方は一度本編をご覧になってからお読みください。[adcode]MCUフェーズ3を締めくくった『スパ[…]

また、ワンダ・マキシモフ(スカーレット・ウィッチ)役のエリザベス・オルセンが撮影の合間に休憩している様子も。

『ワンダヴィジョン』は『ドクター・ストレンジ』の続編『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題 Doctor Strange in the Multiverse of Madness)』にも繋がる重要作品の一つであり、ヴィジョン役のポール・ベタニー曰く「マーベル史上、間違いなく最も奇妙な試み」となる作品。MCUファンにとっては必見の作品になることは間違いなさそうです。

ワンダ・マキシモフ、ヴィジョン、モニカ・ランボーの他、カット・デニングス演じる『マイティ・ソー』シリーズのダーシー・ルイス、ランドール・パーク演じる『アントマン&ワスプ(2018)』のFBI捜査官ジミー・ウーも登場することが明らかになっています。

『ワンダヴィジョン』はDisney+で2021年春に配信予定

あわせて読みたい

SDCC 2019で発表されたMCUフェーズ4作品『ワンダヴィジョン』は、ディズニーのストリーミングサービス「Disney +」で配信予定の作品です。ある情報筋によると、マーベル・スタジオは『ワンダヴィジョン』に出演する赤ちゃんのキ[…]

source : JustJared

CINEMATRONIXの最新記事をチェック!