[リーク・ネタバレ]MCU『ブラック・ウィドウ』設定は1990年代である決定的な証拠が明らかに

スカーレット・ヨハンソン主演映画『ブラック・ウィドウ』は先日本格的に撮影がスタートしましたが、その内容についてはまだ明らかになっていません。

あわせて読みたい

スカーレット・ヨハンソンが演じるブラック・ウィドウのソロ映画の制作が噂されていましたが、ついにその撮影がノルウェーのサエボでスタートしました。現地時間28日にプライベートジェットで現地入りしたばかりのスカーレットですが、翌日から早速撮影[…]

シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ』以降のキャプテン・アメリカやファルコンと共に逃亡生活を送っていた頃を描くのではないかとの噂もありましたが、本作はブラック・ウィドウことナターシャ・ロマノフが『アイアンマン2』で初めて登場するより前の1990年代の物語である可能性が高いことをMCU Cosmicが報じました。

Y2K問題をテーマにした作品か

Y2K問題とはいわゆる「2000年問題(ミレニアム・バグ)」と呼ばれる年問題のことで、1999年から2000年になる際にコンピューターが誤作動を起こす可能性があると言われていました。MCU Cosmicによると2000年になる直前の1999年12月31日にナターシャがこのY2K問題に関わる陰謀に巻き込まれる内容とのことです。

また、Daily Mailが『ブラック・ウィドウ』の新たな撮影風景の様子を公開しており、その中にはスカーレット・ヨハンソンが森の中で撮影している様子が写っています。

引用https://www.dailymail.co.uk/tvshowbiz/article-7112809/Black-Widow-PIC-EXCL-Scarlett-Johansson-appears-set-filming-begins-spin-off.html

この時一緒に写っている車が「ラーダ・ニーヴァ VAS-2131」というモデルの車種で、これはロシアのメーカーで1990年代に製造されていました。

ただ、1990年代を描くと言ってもナターシャは1984年生まれという設定ですので、まだ10代そこらだということになります。『アベンジャーズ / エンドゲーム』でスティーブの老化やタイムトラベルによる若干の若返りをVFXで描いていたことから、この問題はクリアできるのかもしれませんが。『ブラック・ウィドウ』はいくつかの時系列が描かれる可能性も考えられます。

公開日は現在未定ですが2020年の5月1日が濃厚なようです。

あわせて読みたい

『アベンジャーズ / エンドゲーム』が映画史に残る勢いで絶賛公開中のMARVEL STUDIOですが、6月に公開予定の『X-MEN : ダーク・フェニックス』、そして今年の夏に公開予定の『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』以降の作[…]

source : MCU Cosmic

CINEMATRONIXの最新記事をチェック!