• MARVEL
  • MARVEL STUDIOの映画やドラマについての最新情報

MARVEL、今度は史上初のアジア系ヒーロー『シャン・チー』が登場か

今週末に『キャプテン・マーベル』、来月末に『アベンジャーズ / エンドゲーム』と立て続けに期待作を公開予定のMARVEL STUDIO。

MCU(Marvel Cinematic Universe)の世界観は『アベンジャーズ / エンドゲーム』以降、「アベンジャーズ」ではなく新たなシリーズ「エターナルズ」が始まるとの噂もありますが、アメリカのDeadlineThe Hollywood Reporterによれば『アベンジャーズ / エンドゲーム』の後に新たにアジア系のヒーロー「シャン・チー」を制作することが発表されたようです!

「シャン・チー」ってどんなヒーロー?

「マスター・オブ・カンフー」の異名を持つ武術の達人で、ヌンチャクなどの武器も使えます。特殊なパワーは持っておらず、「ブラック・ウィドウ」とか「ホークアイ」と同じく普通の人間です。コミックの中では、育ての父親が敵になります。

1973年に「Special Marvel Edition #15」というコミックで初登場したシャン・チーですが、その登場の背景には当時「燃えよドラゴン」が大ヒットして主演のブルース・リーがアメリカで大人気だったことがあります。そしてブームに乗っかったMARVELが生み出したのヒーローが「シャン・チー」というわけです。

ちなみに「シャン・チー」は漢字で書くと「上氣」、気が立ち昇るという意味。同じく「シャン・チー」と呼ばれる将棋みたいなボードゲームもありますが、そっちではないようです。

「シャン・チー」の監督にはデスティン・ダニエル・クリットンが就任

監督に決まったデスティン・ダニエル・クリットンはハワイ在住の日系アメリカ人。これまでに『ショートターム12(2013)』、『ガラスの城の子供達(2017)』、そして現在『ジャストマーシー(2020年北米公開予定)』を製作中のダスティンですが、実はMARVELとは深い関わりが…

実はこれらの作品の主演を務めているのは全てキャプテン・マーベル役のブリー・ラーソンなんです!『ジャスト・マーシー』に至っては『ブラックパンサー』でキルモンガーを演じたマイケル・B・ジョーダンも出演しています。

『ショートターム12』のイベントでのダスティンとブリー。http://www.zimbio.com/photos/Brie+Larson/Destin+Daniel+Cretton/Short+Term+12+Screening+in+LA/13jnH32qVRn

DeadlineThe Hollywood Reporterによると、デスティン以外の監督候補にMARVELのTVドラマ作品『アイアン・フィスト』や『ジェシカ・ジョーンズ』でエピソード監督を務めたデボラ・チョウの名前も挙がっていたそうです。最終的にデスティンに決まった経緯は不明ですが、ブリー・ラーソンとの縁の深さが今回の就任に一役買ったのかもしれませんね。

そしてMCUの中でも、「デスティン監督とブリー・ラーソン」の組み合わせが実現するかも!?

脚本には『GODZILLA ゴジラ』や『ワンダーウーマン 1984(邦題未定、2020年6月5日全米公開予定)』さらには『スパイダーマン :スパイダーバース』の続編を執筆中のデイヴ・キャラハムが起用されています!

肝心のキャストについてはまだ未定ですが、やはりアジア系(アジア系アメリカ人)が起用されると思います。もしかしたら浅野忠信以来の日本人の起用もあるかもですね!

『アベンジャーズ / エンドゲーム』以降、大きく変化していくと噂されるMCUに「シャン・チー」はどう関わっていくんでしょうか?化け物じみたヒーローの中に今さらちょっと強いだけの人間が参加したところで、サイヤ人とクリリンみたいな感じになりそうですが果たして。

『キャプテン・マーベル」は2019年3月15日公開。『アベンジャーズ / エンドゲーム』は2019年4月26日公開。

source : Deadline , The Hollywood Reporter

 

関連記事 / RELATED POST

あわせて読みたい