• MARVEL
  • MARVEL STUDIOの映画やドラマについての最新情報

「スパイダーマン」役トム・ホランド、ルッソ兄弟の新作映画『Cherry』に抜擢か!?あらすじも合わせて紹介!

『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』の監督を務めたジョー・ルッソとアンソニー・ルッソ兄弟の次回作『Cherry(邦題不明)』の主演に、『スパイダーマン : ホームカミング』や『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』でスパイダーマンを演じたトム・ホランドが起用されるそうです!

トム・ホランドは『シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ』『アベンジャーズ / インフィニティ・ウォー』そして2019年4月26日に公開される『アベンジャーズ / エンドゲーム』とルッソ兄弟の監督作品に3度出演、そしてこの『Cherry』で実に4度目の出演となります。さすがは「全世界の孫」!年上や先輩に好かれる得な性格ですな。

アメリカのVarietyによれば『Cherry』の撮影は2019年8月からスタート、公開は2020年を予定しているとのこと。『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』が公開された後に撮影が始まる感じですね。ということは、もしかしたらルッソ兄弟は今後のMCU作品で監督を務めることはしばらくないのかもしれませんね。

『Cherry』ってどんな映画?

裕福な家庭に生まれた青年ウォーカーは、大学でエミリーと出会い、幸せな生活を送っていました。

しかしあることがきっかけとなりウォーカーは大学を中退、軍に入隊することになります。衛生兵としてイラクへ派遣されたウォーカーは、死と隣り合わせの日々を過ごすことに。

そして帰国後、数々の賞を受賞して英雄となったウォーカーでしたが、イラクでの生活がきっかけとなってPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患ってしまいます。

それからのウォーカーとエミリーはオピオイド(麻薬の一種)中毒になってしまいドラッグ漬けの毎日でした。親から借りたお金や、学生ローンを全てドラッグに使い込んでしまいました。

そして借金まみれになったウォーカーはついに銀行強盗に手を染めるのでした。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Cherry【電子書籍】[ Nico Walker ]
価格:1034円 (2019/3/13時点)

楽天で購入

 

原作者ニコ・ウォーカーの半自伝

この小説『Cherry』は作者のニコ・ウォーカーの自伝が基になっています。ニコ・ウォーカーは実際にイラクから帰国後にオピオイド中毒者になり、ドラッグ代欲しさに4ヶ月で11もの銀行を襲って2011年に逮捕されています。

そしてこの小説はそのニコ・ウォーカー本人が獄中で執筆したものだそうです。ニコ・ウォーカーは現在も刑務所に収監されていて、2020年に釈放予定とのこと。まさか本人の釈放に合わせての映画公開!?

原作者のニコ・ウォーカー本人。https://www.rollingstone.com/culture/culture-features/nico-walker-cherry-army-vet-addict-bank-robber-prison-719309/

スパイダーマンのピーターとは違って、シリアスな演技を見せることになりそうなトム・ホランド。着実に俳優としてのキャリアを積んでいってますね!

『アベンジャーズ / エンドゲーム』は2019年4月26日公開。

『スパイダーマン : ファー・フロム・ホーム』は2019年夏公開。

source : Variety

あわせて読みたい