LIFE STYLE

『マイティ・ソー』『刑事ジョン・ルーサー』のイドリス・エルバも新型コロナウイルスに感染 ー 注意喚起を促す動画を投稿

『マイティ・ソー』シリーズや『ワイルド・スピード / スーパーコンボ(2019)』、人気テレビドラマ『刑事ジョン・ルーサー』のイドリス・エルバが新型コロナウイルスに感染したことを自身のTwitterで発表しました。

16日(イギリス現地時間)の朝、イドリスは新型コロナウイルスの検査をしたところ陽性と診断されたことで現在自己隔離をしているようです。また、イドリスが検査を受けたのは13日に感染者と接触したことが判明したためで、人と距離を取ることが重要だと注意喚起を呼びかける動画を投稿しています。



 

「今朝、COVID-19(新型コロナウイルス)の検査で陽性だと診断されました。ああ、最悪だ。でも聞いてほしい、僕は元気です。妻のサブリナはまだ検査を受けていないですが、彼女も元気です。僕は何の症状も出ていない」と述べ、検査を受けてすぐに自己隔離していたことを明かしています。

さらにコロナウイルスによる事態は「非常に深刻」であると述べ、「今は、人と人との距離を取って、接触機会を減らすとともに手洗いについてよく考えるべき。症状が出ない人もいるから、感染が簡単に広がってしまう。だから手洗いと人と距離を取ることが重要なんだ。」と注意を促し「透明性が、今一番必要なことだと思います。体調が悪かったり、感染者と接触していたことがわかったら、やるべきことをやりましょう。多くの人が、愛する人を失ったり生計を立てられなくなったりするなど生活に影響を受けています。分断された世界で今こそ団結する時だ」と協力を呼びかけています。

また、この発表を受けてイドリス・エルバが出演するDCコミックス映画『スーサイド・スクワッド』を監督するジェームズ・ガンは「私の知る限り偉大な俳優の1人である友人のイドリス・エルバ。彼のために祈ってくれる皆さんのことが大好きです。そして皆さん、できる限り人との接触機会を減らすよう心がけていきましょう。イドリス、愛してるよ。」と投稿しています。

先日オーストラリアで感染が発覚したトム・ハンクス夫妻は5日間にわたって病院で隔離された後退院、現在は自宅で自己隔離をしています。

映画業界にも甚大な影響を及ぼしている新型コロナウイルスの1日も早い収束を望むばかりです。

新型コロナで引きこもってるアナタへ ー 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』監督オススメの観るべき映画10本新型コロナウィルスの影響によって飲み会やイベントへ出かけるのにも自粛ムードが漂うこの御時世。休日は外出を控えて家に引きこもりがち...と...

 

CINEMATRONIXをFOLLOW!!