• MOVIE
  • 映画に関する情報ページ

『ゴーストバスターズ』最新作のビジュアルポスターが公開!

1984年に公開された大ヒット映画『ゴーストバスターズ』、そして1989年の『ゴーストバスターズ2』に続く3作目となる続編が20年ぶりに製作中との噂がありましたが、そのイメージポスターが公開されました!

元のメンバーのうち誰が出演するかは不明

この『ゴーストバスターズ3(仮題)』は2016年にリブートで公開されたポール・フェイグ版『ゴーストバスターズ』とは関係なく、1989年に公開された「ゴーストバスターズ2」の正式な続編となります。

「これは元々のフランチャイズの続編です。リブート版ではありません。80年代に起きた出来事は80年代に起こった。そしてこれは現代に設定されています。」

監督するのは初代『ゴーストバスターズ』と『ゴーストバスターズ2』を監督したアイヴァン・ライトマンの息子ジェイソン・ライトマン。現時点では元のキャストメンバーのうち、誰が出演するのかは決まっていないそうです。

ジェイソン監督は子供の頃、父アイヴァン氏が『ゴーストバスターズ』に出演していて、その頃の思い出から『ゴーストバスターズ』の続編を作ることを決意、父のアイヴァン氏はそれを聞いて驚いたそうです。

『ゴーストバスターズ』元キャスト、あまり乗り気じゃない?

実はソニー・ピクチャーズは1990年代に、すでに『ゴーストバスターズ3』の脚本を書いていたそうですが、主演のビル・マーレイ達はあまり乗り気じゃなかったそう。父のアイヴァン氏が「ゴーストバスターズ3を作る」と発表しても関心を示さず、ダラダラと話が流れていきました。

そんな中2016年にポール・フェイグ氏が女性4人を主役にしたリブート版『ゴーストバスターズ』を発表、ジェイソン氏は「ポール監督が作った作品を僕はすごく尊敬している。彼の作った作品をもっと観てみたいね」と語りました。

リブート版『ゴーストバスターズ』©︎2016 SONY PICTURES ENTERTAINMENT

ジェイソン・ライトマン監督は2005年の『サンキュー・スモーキング』で長編映画監督としてデビュー、次の作品『ジュノ(2007)』でアカデミー賞監督賞にノミネートされています。最近の映画だとデミアン・チャゼルが監督した『セッション(2015)』の製作総指揮を務め、シャーリーズ・セロンやヒュー・ジャックマンが出演した『フロントランナー(2018)』で監督を務めています。

『ゴーストバスターズ3』は2020年の公開を目指して、ひっそりと撮影が進んでいるようです。まだキャスティングの段階みたいですが、やっぱり元のキャストを揃えるのは難しい…か?

source : Collider

 

あわせて読みたい