ファンタジー映画『ロード・オブ・ザ・リング』ドラマシリーズが製作中!2021年にAmazonで配信予定

映画史に残るファンタジー映画『ロード・オブ・ザ・リング』のドラマシリーズ『The Lord of the Rings(邦題不明)』がトールキン財団、出版社ハーパーコリンズ、ニュー・ライン・シネマと共同でAmazon Studiosによって製作中であることは2年前から報じられていました。

Amazon Studiosの代表ジェニファー・サルケ氏は「2年以内に生産が開始される」と述べ、「2021年の配信を考えていますが、2020年の配信を望む人もいますね」と期待値の高さについてもコメントしました。

詳しい内容についてはまだ明らかになっていませんが、本作は『ロード・オブ・ザ・リング / 旅の仲間(2001)』よりも前の時系列を描く内容となるようで、決してリブート版ではないとのこと。

また公式ツイッターの「Welcome to the Second Age(第2紀へようこそ)」という投稿から、第3紀を描いた『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのおよそ3400年前の時代を描くものだと思われます。

この新たな『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのメガホンを取るのは『ジュラシック・ワールド / 炎の王国(2017)』のJ・A・バヨナ、脚本はJ・J・エイブラムスの『スター・トレック4』で脚本を担当する新進気鋭のJ・D・ペインとパトリック・マッケイ。さらに大人気海外ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』の脚本を担当したブライアン・コグマンや『ブレイキング・バッド』のジェニファー・ハッチソンも参加するようです。これまで『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズや『ホビット』シリーズを指揮してきたピーター・ジャクソン監督の関与については「まだ話し合いの段階」とのこと。

キャストについてはAmazonのドラマシリーズ『ピクニック at ハンギング・ロック』に出演しているマルケラ・カヴェナーがタイラという原作には登場しないキャラクターを演じることが明らかにされています。また、シリーズを通して活躍してきた魔法使いガンダルフを演じたイアン・マッケランも「他の誰かがガンダルフを演じると思うのかい?」と自身の出演の可能性をほのめかしています。

引用https://variety.com/2019/tv/news/lord-of-the-rings-series-amazon-cast-markella-kavenagh-1203268175/

すでに複数のシーズンの製作が決定している本作は予算が10億ドルの超大作になるようです。『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでサムを演じたショーン・アスティンは「これはAmazonの代表作品になる」と作品へ大きな期待を寄せている様子。

そして『ロード・オブ・ザ・リング』の原作『指輪物語』の原作者J・R・R・トールキンの自伝映画『トールキン』は2019年8月30日に公開

source : ComicbookMovie.com , Variety

 

関連記事 / RELATED POST

あわせて読みたい