[マーベル]MCUフェーズ5作品計8作品の公開予定日が明らかに ー 2022年と2023年に4作ずつ

先日ディズニーは、マーベル・スタジオが展開するMCU(MARVEL CINEMATIC UNIVERSE)のフェーズ5にあたる作品公開予定日を新たに5作品分発表しました。

The Hollywood Reporterの報じたところによると、新たに発表されたのは

  • 2022年 10月7日
  • 2023年 2月17日
  • 2023年 5月5日
  • 2023年 7月28日
  • 2023年 11月3日

と、大体3ヶ月前後のペースで公開される見込みです。

現在MCUはちょうどフェーズ3とフェーズ4の中間にあり、フェーズ4は2020年5月1日に公開される『ブラック・ウィドウ』の公開をもってスタート、2021年11月5日に公開予定の『マイティ・ソー / ラブ・アンド・サンダー(原題 Thor / Love and Thunder)』までの劇場作品6作とDisney +作品5作品の計11作品が予定されています。

2022年から突入すると思われるフェーズ5は、現時点ですでに発表されている2022年 2月18日、2022年5月6日、2022年7月29日に今回新たに発表された上記の5作品を加えた計8本の劇場作品、そして『ミズ・マーベル』や『ムーンナイト』『シーハルク』といったDisney +作品が加わる予定です。

現時点でフェーズ5の作品について明らかになっているのは2022年5月6日に『ブラックパンサー2(仮題)』が公開されるということのみ。他に公開される可能性があるのは『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー Vol.3』、『キャプテン・マーベル2』、『アントマン3』、『ブレイド』、『ファンタスティック・フォー』、『X-MEN』、『アベンジャーズ5』あたりでしょうか。ちなみに過去11年間の間に10月に公開されたMCU作品はありません。2022年に初めて10月にMCU作品が公開される予定ですが、ハロウィンが近いこともあって『ブレイド』がそこで公開されるかも?

あわせて読みたい

11年にわたるインフィニティ・サーガが幕を下ろし、今年のSDCC 2019でマーベル・スタジオはMCUフェーズ4の作品ラインナップを発表しました。これまでのMCUは各フェーズごとに必ず1つか2つのチームアップ作品を中心に構成されていましたが[…]

年に4本の映画に加えてDisney +のドラマシリーズの相次ぐ配信、とフェーズ4以降明らかにペースアップする予定のMCU。ファンの全員がこれらをリアルタイムで追いかけられるわけではないと思います。劇場作品とドラマシリーズのストーリーが繋がっていることも明らかになっており、このペースに追いつけないファンが「MCU離れ」しないかが心配なところですが、はたして…?

あわせて読みたい

先日のSDCC 2019でMARVEL STUDIOS代表のケヴィン・ファイギ氏は、約2年間に渡って公開されるMCUフェーズ4のスケジュールを発表して、世界中のファンに大きな興奮と驚きを与えました。[sitecard subtitle=[…]

source : The Hollywood Reporter

CINEMATRONIXの最新記事をチェック!