『スター・ウォーズ エピソード9』ついに原題タイトルが発表・あの男が帰ってくる!

ついに!2019年12月20日に公開される「スター・ウォーズ」シリーズ最新作の正式なタイトルが公開されました!

その公開された正式な原題タイトルは『Star Wars : The Rise of Skywalker』です!そして予告トレーラーも同時に解禁となりました!

あの男が帰ってくる

待望の予告編映像は『フォースの覚醒(2015)』に似た雰囲気の砂漠のシーンからスタート。「我々は全てを伝えた。はるかな歴史が君の中にある。だが、これは君の戦いだ」とルークの声と同時に、カイロ・レンのタイ・ファイターがレイに向かって突進してきます。

ランド・カルリジアンは、悪友ハン・ソロが遺したミレニアム・ファルコン号でハイパースペースを駆けていますが、その向かう先はどこなんでしょうか。フィン、ポー、C-3POは敵の砲撃を受けながら砂漠を疾走して、レイは泣きながらレイア姫と抱擁しています。さらに落下したデス・スターの残骸と思われるものが映っているシーンもありますね。

そして暗転した画面で聞こえるのはあの特徴的な笑い声…そう1983年に公開された『スター・ウォーズ エピソード6/ジェダイの帰還』で倒されたはずのシスの暗黒卿、ダース・シディアスが帰ってくるんです!

Comicbook.comによると、アメリカのシカゴで開催されたスター・ウォーズ セレブレーションに監督のJ・J・エイブラムスをはじめ、レイ役のデイジー・リドリー、フィン役のジョン・ボイエガー、ポー役のオスカー・アイザック、ローズ役のケリー・マリー・トラン、チューバッカ役のヨーナス・スナタオらがステージでトークを交わした後に予告トレーラーを解禁、その予告映像の最後にパルパティーン(ダース・シディアス)役のイアン・マクダーミド本人がサプライズで登場したそうです!イアン・マクダーミドはパルパティーンの声で「また演じることになったよ」と言ってファンを湧かせました。

前作『スター・ウォーズ :最後のジェダイ(2017)』はスター・ウォーズシリーズの中で唯一、前の作品(『スター・ウォーズ : フォースの覚醒』)の直後の物語を描いていましたが、今作『Star Wars : The Rise of Skywalker』は『最後のジェダイ』から少し時間が経過した後を描いているそうです。

また2016年12月27日に亡くなったレイア姫役のキャリー・フィッシャーは過去に撮影していた未公開映像で登場するとのこと。今回のトレーラーの中で、カイロ・レンが『最後のジェダイ』で壊されたマスクを修復していた点も気になりますね。

『Star Wars : The Rise of Skywalker』は2020年12月20日に日米同時公開予定!

source : Comicbook.com

CINEMATRONIXの最新記事をチェック!