MARVEL

[ネタバレ?]『ブラック・ウィドウ』スカーレット・ヨハンソン、ハルクのことを◯◯◯◯◯◯と呼ぶ

MCUフェーズ4作品『ブラック・ウィドウ』でナターシャ・ロマノフ(ブラック・ウィドウ)を演じるスカーレット・ヨハンソンが、最近のEntertainment Weeklyのインタビューの中でハルクのことを「ミュータント」と呼ぶという興味深い発言をしています。



『ブラック・ウィドウ』を宣伝するヨハンソン、そして内容はMCUが始まって最初に起きた一大イベント『アベンジャーズ(2012)』についての話に。

「(MCUが)上手くいくかどうかは当初は誰にもわかりませんでした。クレイジーだとも思っていましたし。北欧の神やトニー・スタークっていう億万長者のプレイボーイ、それに怒りの問題を抱えたミュータントの科学者もいますしね。ファンはこれが好きになるのか、それとも混乱するのかどちらかだったんじゃないかと。」

ヨハンソンはハルクのことをなぜ「ミュータント」と呼んだのでしょうか。本来『X-MEN』に登場するミュータントは「X遺伝子」と呼ばれる遺伝子を持っている者のことを指しており、ハルクはガンマ線から力を得ているので厳密にはミュータントではありません。

ディズニーが20世紀フォックスを買収するまで、MCUでは『X-MEN』のキャラクター、そして「ミュータント」という言葉を契約上使用することができませんでした。ですが昨年のSDCC 2019からマーベル・スタジオが近い将来MCUに『X-MEN』を登場させる方針を示唆したことから、今後のMCUの中で「ミュータント」という言葉が使われる日も遠くないと思います。

MCU内での「ミュータント」の定義がハルクのようなパワーを持った者を指すのかはわかりません。ヨハンソンがハルクのことを「ミュータント」と呼んだのは重大なネタバレだったのか、それとも特に深い意味はなかったのか…

『ブラック・ウィドウ』は2020年5月1日公開予定

[噂・リーク]『エターナルズ』のエンドクレジットシーンで『X-MEN』が紹介される!?MCUフェーズ4で公開される『エターナルズ』は、人類創造の歴史に関わっているとされる種族「セレスティアルズ」が生み出した「エターナルズ」...

source : Entertainment Weekly

CINEMATRONIXをFOLLOW!!
LATEST POST