フィリピンの有料チャンネルが『アベンジャーズ / エンドゲーム』の海賊版を放映して告訴される

Deadlineによるとフィリピン国内の有料ケーブルTVで、日本より2日早く公開されていた『アベンジャーズ / エンドゲーム』の海賊版が翌日の4月25日に放映されていたことが明らかになりました。

フィリピンの映画配給会社Teatro de Dapitanは同国内のディポログにあるケーブルTV局Orient Cable and Telecommunicationsを、2010年に定められた映像記録に関する法律に違反しているとして訴えたとのことです。

この告訴は5月1日の水曜日に行われ、Orient Cable and Telecommunicationsは最高3万ドル(日本円で約330万円)の罰金、もしくは経営陣の禁固刑という処置になるようです。

個人じゃなくて、会社規模で海賊版を流すなんてすごい話ですね。逆にこれぐらいの刑で済むのかって気もします。

先日『アベンジャーズ / エンドゲーム』の公開前に関係者による本編映像を盗撮したリーク動画が流出したり、中国では『アベンジャーズ / エンドゲーム』が公開から数時間で海賊版が流出される事件もありました。

こういった事件は、世界中を夢中にさせるメガヒット映画の宿命なのか…でも盗撮は立派な犯罪。ダメ、絶対。

『アベンジャーズ / エンドゲーム』は全国で公開中。

あわせて読みたい

先日4月26日に日本で公開された『アベンジャーズ / エンドゲーム』皆さんもうご覧になりましたか?11年間に及ぶMCUの集大成と言える今作は、絶対にネタバレなしで観るべきです!あの最高の結末は映画館で生で味わうべき。まあ『エンドゲーム』に限[…]

source : Deadline

CINEMATRONIXの最新記事をチェック!