• MARVEL
  • MARVEL STUDIOの映画やドラマについての最新情報

MARVEL STUDIOのゴッドファーザー、故スタン・リーの死因が明らかに

MARVEL COMICSを立ち上げた後、数々の有名キャラクターを生み出し世界中にエンターテイメントを届け続けたスタン・リー(本名:スタンリー・マーティン・リーバー)が2018年11月12日に95歳でこの世を去ったことは記憶に新しい。その死因については様々な推測がありましたが、今回アメリカのTMZにて死因が正式に公表されました。

死因は呼吸不全と鬱血性心不全

TMZによるとスタンは11月のはじめにハリウッドヒルズの自宅からアメリカ・ロサンゼルスのシダーズ・サイナイ医療センターに搬送されて、同月12日の午前9時17分、同医療センターで静かに息を引き取ったそうです。
その後遺体は火葬され、遺骨は現在娘のジョアン・セリア・リー氏の元へ戻っています。

故スタン・リーは娘のジョアンと2人で新たなヒーロー「Dirt Man」を創作していたことがアメリカのTMZ LIVEに出演したジョアンの口から語られています。また、ファンにはおなじみのスタンのカメオ出演も2018年12月21日公開『シュガーラッシュ / オンライン』、2019年3月8日公開『スパイダーマン / スパイダーバース』、2019年5月3日全米公開『アベンジャーズ4(仮題)』には出演が決定しているとのこと。『アベンジャーズ4(仮題)』にも出るということは3月15日公開の『キャプテン・マーベル』にもカメオ出演すると思われます。

スタンがもうこの世にいないことは事実。だけどスタンはそんなことなかったかのようにまた元気な姿で僕らの前に出てきそうですね!
またスクリーンで会える時を楽しみにしつつも、改めてご冥福をお祈りします。

source : TMZ

あわせて読みたい