• MOVIE
  • 映画に関する情報ページ

『名探偵ピカチュウ』続編の可能性について「間違いなく考える」

1996年に日本で発売され世界中で社会現象になったポケモンは20年以上の時を経て、『名探偵ピカチュウ』という形で初めて実写映画デビューしました。

ピカチュウ役のライアン・レイノルズも「ポケモンについては知っていたんだけど、あまり詳しいことは知らなかった。だから今回その世界観を知った時、とても素晴らしいと思ったんだ。なぜこれまで実写化されていなかったのか驚きだよ」とコメントしていたほど。まさに『名探偵ピカチュウ』は全世界待望のポケモン実写化となったわけです。

そして一度映画を観ると、気になるのは続編の可能性。脚本のメンジー・サミット氏はScreen Rantとのインタビューの中で続編の可能性について語っています。

アイデアはたくさんあります。ポケモンには種類や地理に関してもとても多くの世界観がありますから。ライムシティ一つにしても、あれは表面をちょっとかすっただけに過ぎないんです。この世界にはまだたくさんの魔法があります。行くべき場所もたくさんありますよ。」

サミット氏はこれ以上は語っていませんが、以前プロデューサーのアリ・メンデス氏もCINEMA BLENDの中で「ポケモンには豊かなユニバースがあるので、その世界に入る方法はたくさんあります。制作チームは第1作(『名探偵ピカチュウ』)を良い作品に仕上げようと努力しているので、これが完成したら今後の展開について間違いなく考えるでしょう。機会はたくさんありますから」とコメントしていました。

つまりポケモンもMARVELのMCU(MARVEL CINEMATIC UNIVERSE)のように各作品群で一つの世界観を作りあげようとしているんです。さしずめ「ポケモン・ユニバース」といったところでしょうか。

さらにメンデス氏は「ポケモンには800種類います。『名探偵ピカチュウ』でも多くのポケモンが登場しますが、いつかは全てのポケモンを登場させたいですね」とシリーズ展開への意気込みを語りました。

ポケモンにも多くの人気キャラクターがいるので、それぞれのキャラクターを映画化して一つの世界で繋げるというのはきっと可能なはず。そのためにはまずプロジェクトの第1作目となる『名探偵ピカチュウ』がどれだけヒットするのか、が大事になってきますね。

『名探偵ピカチュウ』は2019年5月10日より全国で公開中!

source : Screen Rant , CINEMA BLEND

 

あわせて読みたい